北海道の釣り情報サイト 船はもちろん港や磯、渓流、湖でもライフジャケット着用を!
トップメーカー・釣具店ニュース特選リポートイベント・募集・お知らせ釣り団体・行政ニュース釣り場情報お役立ち電話帳釣り船ガイド全道釣具店104仕掛け辞典釣り友ナビ
 
北海道アングラーズペンクラブ
  2018年の記事一覧
  2017年の記事一覧
  2016年の記事一覧
  2015年の記事一覧
  2014年の記事一覧
  2013年の記事一覧
  2012年の記事一覧
  2011年の記事一覧
 2010年の記事一覧
 

釣り団体・行政ニューストップ

北海道アングラーズペンクラブ  【2021年記事一覧】 


事務局 TEL 011-709-1873 E-mail info@tsuritomo.net
釣りの専門紙や雑誌など各種媒体に掲載された記事や、書き下ろしのエッセイなどを掲載。
※ 転載については許可を受けています。


苫小牧東港の通称フェンス前≠ヘ私有地!?(2021.3.11)
 苫小牧東港の北電火力発電所前の通称フェンス前℃辺の岸壁は、昔からさまざまな魚が釣れる有名釣り場だが最近、ある釣具店から「北電の私有地になり立ち入り禁止となったため、釣り情報をマスコミなどに提供するのはやめてほしいと管理組合から言われた」と聞いた。そこで、北電に聞いてみたところ、「…苫東厚真発電所前に面した海岸は、弊社の所有地ではございません。弊社とは資本関係のない所有者様でございます…」とのこと。そこで、苫小牧港管理組合にも聞いてみたところ、「東港の北電火力発電所前の岸壁や土地については、従前から私有地(民間会社所有地)であり、基本的に当方から釣り場の情報についてマスコミに提供しないようお願いすることはありませんが、港湾区域内において、過去に死亡事故が発生した際に、関係企業等から注意喚起等を要請した可能性はあります。また、当方が管理する港湾施設においては、過去に釣り人による痛ましい転落死亡事故や不法占拠などによるトラブルが発生し、具体的な釣り場の情報の掲載を控えていただくよう、マスコミに依頼した経緯はあります」とのことだった。回答にある民間会社はどこかは分からないが、私有地であることは間違いないようだ。となれば、私有地に勝手に入り込み、そこで釣りをするなど、通常は許されない。そこでの釣り情報を提供するのも、残念ながら自粛するしかないだろう。 

北海道人
観光、産業、スポーツなど北海道で暮らす人たちのためのポータルサイト

Copyright tsuritomo2007.allright reserved.