北海道の釣り情報サイト 船はもちろん港や磯、渓流、湖でもライフジャケット着用を!
トップメーカー・釣具店ニュース特選リポートイベント・募集・お知らせ釣り団体・行政ニュース釣り場情報お役立ち電話帳釣り船ガイド全道釣具店104仕掛け辞典釣り友ナビ
 
その他の団体・行政からのお知らせ
  2013年の記事一覧
  2012年の記事一覧

 2011年の記事一覧
 2010年の記事一覧
 
釣り団体・行政ニューストップ

その他の団体・行政からのお知らせ 【2010年記事一覧】


鮭をめぐる食の安全と安心について話し合う(サケ会議)


 北海道の主要な水産資源であり、自然環境を考える上でも重要な役割をになっているサケについて、さまざまな分野の関係団体が語り合う「'10北海道サケネットワーク」(代表・浦野明央北海道大学)の総会と、それに続く「'10サケ会議」(主催・北海道サーモン協会)が10月29日(金)午後1時半から5時まで、札幌市のLプラザで開催された。前半の総会にはサケの増殖に関わる公的機関や、自然保護団体、釣り団体、漁協、水産会社などから20人が出席。後半のサケ会議には北海道水産林務部、北海道漁連などの来賓も含め29人が参加した。
(写真)サケに関わる関係者が一堂に会したサケ会議

 総会では、活動報告と収支報告があり、次年度の予算などについて話し合われた。また、存廃問題の行方が注目されていた豊平川サケ科学館は存続が決まったこと。石狩川の河川横断工作物の旧花園頭首工に新しく魚道が設置されて、サケの遡上の促進が期待されること、千歳川のサンクチュアリーについて、関係者から報告があった。
 サケ会議では「鮭をめぐる食の安全と安心」をテーマにワークショップ(研究集会)ガ開催され、「消費者から見たサケの流通」(札幌消費者協会)、「サケ流通の現状と今後の課題」(北海道漁業協同組合連合会)、「鮮度保持の努力とHACCPの取り組み」(標津漁業協同組合)、「流通における安全確保の努力とCSRの取り組み」(丸水札幌中央水産)、「安心サケの販売」(丸大佐藤水産)について各担当者が発表した。


サケは自然環境のバロメーターでもある。(財)日本釣振興会北海道地区支部は、釣り資源としても恩恵にあずかるサケを育む河川の環境にも目を向けた活動に取り組んでいる。写真は、毎年北海道サーモン協会と連携して行っている第4回豊平川サケ観察会と河川清掃(10月11日開催)。旭川地区では、サケの発眼卵の埋設放流にも取り組んでいる





 毎年恒例の小樽港マリーナ新年会が1月23日(土)、グランドパーク小樽で、同マリーナを管理・運営する(株)マリンウェーブ小樽の山田勝麿社長(小樽市長)をはじめとする関係者を集めて盛大に開催された。その催しの中で、同マリーナの利用する釣り愛好者を対象に開催しているフィッシングダービーの結果発表と表彰式が行われた。一年間の大物の釣果を競うものだが、上位の人たちが大物を釣り上げた時期は果たしていつごろなのか。カレイの部の一位はクロガシラの1500グラムで、釣れたのは5月26日、赤岩沖だった。このほかのクロガシラの大物は3月、4月、5月に集中しており、イシモチ、アサバの大物も混じっていた。アブラコの部は、一位が2280グラムで11月28日、厚田沖で釣れた。このほか、5月、7月、10月にも大物が釣れている。ホッケの部一位は、1460グラムで7月25日、余市沖。他の大物もすべて7月だった。ソイの部一位はクロソイ4600グラムで、5月6日祝津沖。このほかは、6月、7月。ブリの部一位は13.06キロで、10月3日余別沖。このほかは7月、9月。タラの部一位は12キロで、7月24日積丹方面で釣れた。このほかは6月、11月。小樽方面での釣りの参考にしてほしい。

写真右=昨年行われたフィッシングダービー結果発表


釣り人必見!「サクラマスフォーラム」の講演資料


 昨年の12月12日(土)、島牧村のふれあい交流センター・おあしすで、「サクラマスフォーラム2009in島牧」が開催された。フォーラムでは、北海道水産孵化場さけます資源部資源管理科長の宮腰靖之氏による「サクラマスの資源増殖と放流効果の向上に向けて」と題する講演、同じく資源保全科研究職員のト部浩一氏の「サクラマスにとって望ましい河川環境とその保全」と題する講演の後、出席した漁業者や行政、釣り人による意見交換が行われた。講演内容は、宮腰氏が「サクラマスは75〜85%が野生」、「人気釣り場にも関わらず昆布川にはサクラマスが多いのはなぜか」など、ト部氏が「ダムのある川では野生資源が大きく減少」、「ダムには魚道があればいいというわけではない」などで、釣り人にとっても大変興味深い内容だった。このほど、講演に使われた資料を分かりやすくしたものが提供されたので掲載した。
(写真)島牧村で開催されたサクラマスフォーラム


宮腰氏の資料はこちら>>>
ト部氏の資料はこちら>>>
(財)日本釣振興会
本部ホームページ
北海道人
観光、産業、スポーツなど北海道で暮らす人たちのためのポータルサイト
北海道サーモン協会
サケのふるさと北海道で、サケを知り、サケを守り、サケとして楽しむ市民団体

Copyright tsuritomo2007.allright reserved.