北海道の釣り情報サイト 船はもちろん港や磯、渓流、湖でもライフジャケット着用を!
トップお役立ち電話帳釣り団体・行政ニュースメーカー・釣具店ニュース特選リポートイベント・募集・お知らせ釣り船ガイド全道釣具店104仕掛け辞典釣り友ナビ釣り場情報
 
釣り友NAVI
忘れ物チェックナビ
[ワカサギ釣りの時は…]‐2件
釣り道具
ウエア・グッズ
忘れ物チェックナビ一覧に戻る

初心者必見!!。氷上ワカサギ釣り用具一覧(解説付き)

※車内には貴重品を置かないよう。車上荒らしに注意!!
一酸化炭素中毒に注意!!七輪、練炭ストーブなど火気は絶対にテントの中に持ち込まないこと。
チェックしながらまたは、プリントして確認すると便利です。
※氷上ワカサギ釣りの釣行に必要な釣具と小物。必要・不必要は各自でチェックしてください。


【道具類】
竿…50pぐらいの短くて竿先が柔らかい物が、魚の当たりが分かりやすくて使いやすい。釣り具店にいけば、いろいろある。安いものでいい。
竿立て…いろんなタイプがある。ないと竿をずっと手に持っていることになる。竿と穴の高さが同じ状態で、氷上に置くと水中に竿先が入ってしまう。穴の周りに雪を盛り上げて代用とする手もある。
リール…少し高いがカウンターが付いていると便利。ない場合は魚がどの位置(タナ)で釣れたのか、リールの回転数を数えて覚えると釣果アップにつながる。リールに巻く糸は1号ぐらいの細いものでいい。釣り場の深さによって、少し余分に巻いておくと、もつれるなどのトラブルがあったときに切っても使える。最近は、深い場所では電動リールを使う人もいる。
仕掛け…長さや針の形、針数などいろいろな種類がある。初心者は5本針ぐらいの短い物がおすすめ。服に針を引っ掛けるとなかなか外れないので注意。
仕掛け巻き…釣り終わった後に、仕掛けを巻き付けるのに使う。いろいろな物が売っていて価格も安い。発砲スチロールの板などで代用してもいい。片付け方がいい加減だと、絡んでまた使う時に面倒だったり、あちこちに針が引っ掛かって、トラブルの元になる。
替え仕掛け…ウグイなどの大きな魚が掛かって、切れたり針が取れてしまったり、絡んだりといったトラブルもあるので、最低1個は持っていきたい。針が1個取れたぐらいでは変えない人もいる。
オモリ…1.5号前後の小さい物。大抵仕掛けにセットされている。付いてないものもあるので注意。
付けエサ(サシ・赤虫など)…サシはハエの幼虫(ウジムシ)で専用に養殖されたもの。食紅で色付けされたものもある。半分に切って使うと虫の養分が水中に流れ出して魚を集めるといわれる。赤虫(蚊の幼虫)は小さいミミズのような感じで、細いので初心者には針に付けにくいかも知れない。虫が苦手という人には、人口エサも売られている。
寄せエサ(マキエ)…オキアミや魚などを粉上にしたものが一般的。魚が散ってしまってなかなか釣れないときなどに効果がある。ウグイなど目的以外の魚(外道)が集まるからと、使わない人もいるし、有料の管理釣り場では水質管理のために禁止しているところもある。
マキエ用ひしゃく…あった方が便利。釣り専用の物もあるが、スプーンなどで代用してもいい。
穴開けドリル…ちょっと高価だが、ないと氷が厚い場合には穴をあけるのが大変。
氷すくい…必需品。穴の中で凍った氷すくう。天カスすくいで代用してもいい。
魚挟み…あると便利。先がギザギザしたトングでいい。
ハサミ…必需品。服に引っ掛かった針の糸を切ったり、サシを半分にしたりするのに使用。よく切れるもの小型のものがいい。釣り用の物がいろいろ売られている。
フィッシングペンチ…ニッパーなどの先が細いもので、服に引っ掛かった針を切断したりする。針先には返しが付いているので、服に刺さると簡単には取れず、無理をすると服を傷めることになる。針の切断がベスト。
バケツ…魚を入れたり、手洗い用にあると便利。1リットルぐらいのペットボトルに水を入れて持って行くと、手洗い用に使えるし、釣れた魚を入れることもできる。
テント…底布がない専用の物。値が張るが、風雪が強いときはとても便利。
ハンマー(金槌)…テントを固定するピンを打つのに必要。片手で打てる少し大型のものがいい。テントに付いているハンマーでは華奢で使い物にならない物が多い。持っていくと、あちこちから貸してほしいといわれる。氷の硬さをなめたらだめ。ピンを引っこ抜くために片側が尖っているとより便利。
折りたたみ椅子…ほとんど必需品。
【ウエア・グッズ】
ウエア…フード付きの暖かい物。ワカサギ釣りは動きが少ないので、想像以上に冷える。多めに着込んだ方がいい。
グローブ…エサ付けのときは外すことになる。装着が楽で水濡れに強い、厚手の物がいいだろう。
長靴…冬用の物。厚い靴下をはき、場合によっては靴の中に張るカイロを入れることもあるので、サイズはちょっと大きめがいい。
帽子…耳が隠れるような物が暖かくていい。
サングラス…スキー同様、天気のいい日の氷上には光が反射して以外にまぶしい。
ゴミ袋(ビニール袋)…ゴミはもちろん。魚を入れたりする。ゴミはけっして散らかせないように。
手ぬぐい…乾いた物。魚に触ったり、蒔き餌が付いたりするからあった方がいい。
ポケットティッシュ…鼻水が出たり、メガネが曇ったり…
携帯カイロ…ポケットに入れ手先を暖めるための張らないタイプと、衣服に張って使う張るタイプの両方あるといい。
運搬用ソリ…荷物が多く釣り場まで遠い場合は、とても便利。
ソリの道具固定用ロープ…絞らないと荷物が落ちたりする。
七輪などの火気…テントの外でお湯を沸かしたりする場合に限る。絶対にテントの中に入れないこと。毎年のように一酸化炭素中毒による死亡者が出ている。
応急手当用品…バンソウコウなど。



Copyright tsuritomo2007.allright reserved.