北海道の釣り情報サイト 船はもちろん港や磯、渓流、湖でもライフジャケット着用を!
トップ日本釣振興会北海道地区支部釣り団体・行政ニュースメーカー・釣具店ニュース特選リポートイベント・募集・お知らせお役立ち電話帳釣り船ガイド全道釣具店104仕掛け辞典釣り友ナビ釣り場情報
日本釣振興会北海道地区支部  日釣振サポーターサイト
船釣り用 全25種(市販品)
投げ釣り
船釣り
その他


船釣り用の対象魚種
カレイ
五目
サクラマス
サケ
スケソウダラ
ソウハチ
ヒラメ
マゾイ
マダラ
ヤナギノマイ
船釣り用[サクラマス]

□基本的な仕掛け(バケ釣り)
 [サクラマス/船釣り用
]

サクラマス/船釣り用バケ仕掛け■仕掛け
サクラマスは太平洋と日本海ではやや異なる。

太平洋は緑色の毛針図1が主流で、針の大きさはフカセ16〜18号。毛針の上にピンクや赤色などのタコベイトをかぶせる場合もある。針数は5本。

ハリスは10号で長さは45〜50cm。幹糸は12号で、針の感覚は2m。仕掛けの一番下に付けるオモリは戦艦のような特殊な形のバケ図2で、700g前後。バケの最後尾(バケ尻)にもハリス50〜60cmで針を付ける。

日本海は、仕掛けの形は太平洋と変わらないが、ハリスが7〜8号で長さは40cm前後。幹糸は10号前後。水深が太平洋より浅いため針の間隔は1.5m、バケも500〜600gと全体的に小ぶり。

サクラマス/船釣り用タックル
■タックル
竿は太平洋が150号前後で、長さは2.4〜2
.7m。リールは中型の電動リール図3。道糸は6号PEラインを300mほど巻く。最近のリールは見た目は小型でもパワーのあるものが増えているので、それでもOK。水深は100mぐらいあり、竿をゆっくり上下させてバケを水中で走らせる。

日本海は水深が浅いので電動リールは必要ない。竿は長さ240〜270mだが、80〜120号とややライト。竿の上下が多くなるので、ガイド絡みのない中通し竿図4が有利だ。
□基本的な仕掛け(シャクリ釣り)
 [サクラマス/船釣り用
]

サクラマス/船釣り用シャクリ仕掛け■仕掛け
3月から5月にかけて、日本海の大型サクラマスを狙う時に使われるのがシャクリ図1
鉛の部分とプラスチックや動物の角、貝などを用いた部分からできている。いわば和風ルアーで、重さは150〜250g位まで。

針はステンレスなどでできた4本針。シャクリと道糸の間にショックリーダーとして、ナイロン糸12〜14号を4.5m位付ける。ショックリーダーの上部には潮流や水深などに応じてシャクリの1/3〜1/4の重さの中間オモリ図2を付ける場合もある。

サクラマス/船釣り用タックル■タックル
糸を手に持って釣る手釣り竿釣りがある。
手釣りは凧揚げの時に使うような糸巻き(小田巻き)にナイロン糸20〜30号を50〜100m位巻いて使う。
竿は長さ1.5〜2mの専用タイプ図1が売られている。
リールはタナが正確に取れるメーター表示機能付きで、釣力8kg前後の両軸リール
道糸は5〜6号のPEラインを100m以上。

シャクリの名の通り、手釣りでも竿釣りでも、仕掛けをしゃくるように動かして釣る。シャクリの色や形、タナの設定、しゃくり方などによって釣果に差が出る。さまざまなシャクリを何本も用意して釣る人が多い。
☆ハヤブサ・SGM日本海マス仕掛
 [サクラマス/船釣り用]

ハヤブサ SGM日本海マス仕掛

フラッシャーとタコベイトをセット
ハリスはクレハのシーガーを採用

ハリスにはクレハのシーガーグランドマックスを使用。ビーズとハリスが自由に回転するため絡みの心配もなく、日本海の過酷なマス釣りでも操作性の高さを約束してくれる。5本針のうち2本にはタコベイトを付け、さらにバケ尻の1本もフラッシャーとタコベイト付き。
希望小売価格1800円


☆ステキ針・サクラマス仕掛け
 [サクラマス/船釣り用]

ステキ針 サクラマス仕掛け

バランス重視の毛針に注目

フカセ・ロングシャンクの針を採用した太平洋サクラマス仕掛け。16号のフカセ・ロングシャンクを使用した6本の針にはふさふさの毛と交互にタコベイトが付けられ、回転ビーズ使用で絡みも防止。ハリス8号、幹糸14号。替え針も付いている。
希望小売価格2800円。
★魚鶴オリジナル・マス用シャクリ
 [サクラマス/船釣り用]

魚鶴 オリジナル・マス用シャクリひねりを加えた
真鍮中軸型/COLOR

滝川の釣具店つり具の魚鶴の社長、福田さんは、春から秋にかけて厚田や浜益沖で主に根魚を狙う、第15魚鶴丸の船長。海や魚を知り尽くしているだけにオリジナル仕掛けにも定評がある。
マス用シャクリは真鍮(しんちゅう)中軸型写真や甲丸棒型があり、両面パール合板の中軸型は、水中で泳ぎが良くなるようヒネリを加えてあるのが特徴。半分が両面パール合板の甲丸棒型ともに長さ21cm、重さ230gで、価格は3600円〜4500円。
☆ホウムラの小型テンテン
 [サクラマス/船釣り用]

ホウムラ 小型テンテン

小さな動作で大きな釣果
女性にもオススメ!
小型テンテン

オモリとエサのホウムラから、マス釣り用の新製品小型テンテンが発売される。
テンテンは日本の伝統的な漁法の一つで、現在も一部の漁師がブリやヒラメなどに使われている。遊漁でのマス釣りは毛針を走らせるバケやシャクリが主流だが、バケを走らせたり、シャクリ続ける動作はかなり体力がいる。その点、小型テンテンは約120gの軽量で、潮の流れによって約90gか240gの中間オモリを付けて、それを支点に軽く竿を動かすだけ。楽な動作で、マスを確実に釣ることができることから、漁師の間でも評判だ。コクタンやなどを使った銘木タイプが中間オモリ付きで8000円前後。


小型テンテン 使い方小型テンテンの使い方はいたって簡単。道糸に中間オモリを付け、そこからテンテンまでは2〜3ヒロ(3〜4.5m)に設定する。針はフカセ18〜20号が理想で、テンテンのテールの溝にPEラインを2、3cm結び、必ず2本針にすること。毛針やタコベイトの必要もなく、マスのタナに合わせて軽くテンテンを走らせるだけで、確実にマスの口に掛かることは実証済みだ。シャクリともジグとも違う小型テンテンで、春の板マスを狙ってみよう。

Copyright tsuritomo2007.allright reserved.