北海道の釣り情報サイト 船はもちろん港や磯、渓流、湖でもライフジャケット着用を!
トップメーカー・釣具店ニュース特選リポートイベント・募集・お知らせ全道釣具店104釣り団体・行政ニュース釣り場情報お役立ち電話帳釣り船ガイド仕掛け辞典釣り友ナビ 


釣具なら、なんでも揃っています! まずはご相談ください。

2020年下半期釣り情報

チカがさらに上昇気配。マメイカは終了か (石狩湾新港釣り速報) (2020.6.29)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!

港湾作業の邪魔をしない!! ゴミの放置は厳禁!!!!

■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★カレイ ★シャコ 
 6月28日(日)正午過ぎの天候はくもりで、南東の風が弱めに吹いていた。この日の朝方は雨だったので、いたるところに水たまりできていた。釣り人も雨が上がるのを待って、サオを出した人が多いようだった。釣り人の数もいつもより少なかった。東ふ頭の漁協前岸壁には、釣り人がぱらぱら状態。どのバケツにも何も入っていなかった。沖側の工事用台船横の岸壁では、サビキ用サオ2本に、投げ釣り用のサオを1本出した男性がいて、バケツに10a前後のチカを20匹ほどに、25aのウミタナゴを1匹入れていた。東ふ頭のゲート内も釣り人は少なかったが、バケツに10a級のチカを30〜40匹入れている人がいた。25aほどのアブラコも1匹上げていた。このときは、サオが動いていなかった。チカは早い時間帯に釣れたようだ。
 石狩放水路左岸側の砂浜に、顔見知りの常連たちがいた。ジグで、ヒラメを狙っていた。朝、夕にたまに上がっているとい噂を聞いているとのことだった。周囲で投げ釣りをしている人は、手のひら級のカレイをぽつぽつ釣っているともいう。常連によると、沖にはマイワシがいて、漁師の網に入ることもあると聞いたという。「港内に入ってくるのも近いのではないか」と期待していた。イワシやサバなどが入ってくれば、ヒラメも入ってくる。小魚をエサにした泳がせ釣りでも、ヒラメが狙えるからだ。 
 花畔ふ頭の船だまりの右側小堤防(航路側)では、女性2人が、バケツにチビクロソイ、チビカレイを合わせて5、6匹入れていた。他の人のバケツも、チビクロソイ、ウグイのみだった。
 樽川ふ頭の駐車スペース前岸壁で、投げ釣りをしていた常連は、シャコ狙いだった。しかし、「今日は全体で1匹。昨年はそこそこだったが、今季は良くないね。この時期シャコが釣れないと、投げ釣りは釣るものがない」と、ぼやいていた。理由については、「港の入り口で工事をしている。そのためシャコが入ってこないのではないか」と推察していた。今季は、昨年よりも好調だったマメイカも、釣れなくなったようだ。どういうわけか、ここではチカもあまり上がっていないという。サビキのサオを出している人も1人しかいなかった。
 ちなみに、樽川ふ頭で話を聞いた常連は、先週苫小牧西港に行き、50aほどのアナゴを2匹釣ってきたという。ちょうど食べごろサイズとのこと、入船公園、勇払ふ頭など港内一帯で釣れているようだ。
 
<石狩湾新港で釣りをする時に特に注意しなければならないこと>
 日曜日は、東ふ頭の「砂揚場」は、ゲートが閉まっていることが多く、ゲート付近での路駐になる。平日は港内の作業でゲートが開いていても、車は入っていけなくなった。通路にバリケードが置かれ、釣り場の岸壁近くへの侵入はできなくなっている。中に入ると警察が取り締まることもある。車が転落して、高齢女性が死亡する事故も起きている。南側の道路の歩道などに駐車して、中に入った釣り人が、駐車違反で取り締まられたともいう。このほかゲートが設けられている場所は何ヵ所もあるので、ゲート前の路駐はもちろん、他の場所についても各種作業の邪魔をしないよう心がけてほしい。
 花畔ふ頭と、樽川ふ頭の中間部の砂浜に接する崖上道路は、大型車両が頻繁に通る。崖上は私有地で立ち入り禁止である。道路沿いの空きスペースに車を止めて釣りをする人がいる。道路にはみ出して止めて、警察が取り締まりにくることがある。
 岸壁近くに車を止めるときは、海に向かって、車の前方や後方を向けず、なるべく離して平行に止めること。高齢者ドライバーなどによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによって海に転落するケースもあるとされる。もちろんゴミは放置せず、必ず持ち帰ってほしい。
<北海道釣り概況>積丹沖、瀬棚沖マイカ開幕!3桁釣りも (2020.6.27)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!

<全道概況>
◇◆◇ 道南日本海には夏の魚のイワシやサバが来遊しているが、まだ積丹半島を超え、小樽港や石狩湾新港では釣れていない。太平洋の苫小牧沿岸にもイワシやサバが来遊し、釣れている港もある。日本海沿岸、噴火湾沿岸はヒラメがも本格化している
。釧路方面ではサクラマスがピークだ。サクラマスは、長万部周辺の港でも好調だ。投げ釣りのカレイは道東が良くなってきた。十勝、釧路沿岸ではコマイが釣れている。夜釣りでは、苫小牧西港や噴火湾の港でアナゴが釣れだした。
 船釣りのヒラメは小樽沖、積丹沖、瀬棚沖などで好調だ。積丹沖にはブリの大群が網に入りだした。釣りが本格化するのも、近い。積丹沖や瀬棚沖ではマイカも釣れだした。まだ小ぶりだが、日を追うごとに大きくなる。オホーツクは、マガレイやクロガシラ、沖五目が好調だ。日高沖はキンキも好調だ。◆◇◆

※情報には、現在釣れている魚種だけでなく、今後の予想も含まれます。立ち入り禁止等、釣り場の状況が変わる場合もあります。釣り場での事故、トラブルに等ついては自己責任となります。安全にはくれぐれも注意してください。

※<海域の範囲>日本海は宗谷岬(稚内市)〜恵山岬(函館市)、太平洋は恵山岬(函館市)〜納沙布岬(根室市)、オホーツク海は納沙布岬(根室市)〜宗谷岬(稚内市)。噴火湾は砂崎(森町)〜チキウ岬(室蘭市)。積丹半島は余市町〜岩内町。

※釣り場の様子に詳しい釣具店に足を運んで、買い物がでら釣り情報を仕入れるのが釣果アップの近道!

◎港、海岸の釣り
※日本海の積丹方面では釣り自粛要請中の場所があるので注意。太平洋は十勝〜釧路方面でコマイが良いようだ。オホーツク海沿岸は、クロガシラ、マガレイなどのカレイが良い季節。
 
(チカ)
道央日本海…石狩湾新港、小樽港、厚田漁港、浜益
道北日本海…留萌港、稚内・東浦漁港
道南太平洋…尾札部漁港、川汲漁港、大船漁港、安浦漁港、函館港
道央太平洋…室蘭港、苫小牧西港
道東太平洋…
オホーツク海…根室港、標津漁港、紋別港

(イワシ・サバ)
第2栄浜漁港、熊石漁港、上ノ国漁港、松前港、函館港、白老漁港、苫小牧西港

(ニシン)
苫小牧西港、釧路東港、稚内港

(マメイカ、ヤリイカ)
石狩湾新港、岩内港、増毛港、留萌港、羽幌港、苫小牧西港、苫小牧東港、知内・小谷石〜涌元海岸、知内・中の川漁港、木古内・札苅漁港、北斗・茂辺地漁港、函館港

(カレイ)
道南日本海は、江差港、上ノ国漁港、上ノ国・寅ノ沢海岸、松前港でマガレイ、マコガレイ、函館周辺の海岸でのマコガレイなど。
道北日本海でも増毛、留萌、小平、初山別、稚内にかけての港や海岸で広範囲にマガレイ、クロガシラなど。太平洋側は噴火湾沿岸の港でマガレイ、スナガレイ、イシガレイに加え、場所によりマツカワも。室蘭港、苫小牧西港はクロガシラ主体。日高沿岸の港や海岸でもクロガシラ、マツカワ。オホーツク海も各地でクロガシラ主体にマガレイなども

(シャコ)
石狩湾新港、留萌港

(アブラコ)
道央、道南日本海、道南太平洋、噴火湾、日高、釧路方面の港や海岸

(カジカ)
日高、釧路沿岸の港や海岸

(ホッケ)
小樽港、

(ソイ・ガヤ)
日本海沿岸、噴火湾、道南、道央の太平洋沿岸などの港や磯。夜釣りが中心

(サクラマス)
日本海北部は、浜益、増毛、小平・大椴、初山別、稚内にかけての河口周辺の海岸など。日本海南部は島牧、瀬棚、熊石にかけての河口周辺の海岸。日本海側は終盤。太平洋は、黒岩漁港、長万部漁港などの噴火湾、苫小牧・勇払海岸、音別海岸、茶路川河口海岸など

(ヒラメ)
日本海一帯の海岸や港、噴火湾八雲、長万部海岸

(コマイ)
日高、十勝、釧路方面にかけての港や海岸

(アナゴ)
苫小牧西港、苫小牧東港、白老港、室蘭港、国縫漁港など噴火湾一帯の各港海岸


◎船釣り
※ほぼ全道で楽しめる時期。船上では密≠避けて、コロナ感染防止対策を。

(石狩・小樽沖)ヒラメ、カレイ、ソイ・ガヤ、
※カレイはマガレイ主体に6月末ごろまで。

(積丹沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ホッケ、ソイ、ブリ、マイカ
※マイカも開幕。ブリもそろそろ。

(せたな沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ソイ、マイカ
※ヒラメ好調。マイカ釣れだす。 
 
(奥尻沖)ソイ、ウスメバル、マイカ、ブリ、マダラ
※マイカは今季好調のよう。ブリ釣れだす。マダラは大漁。

(函館・津軽海峡沖)ヒラメ、ウスメバル、ホッケ、沖五目
※ヒラメ開幕。

(噴火湾沖)ヒラメ、ソウハチ
※ヒラメは型が良い。

(胆振沖=室蘭、苫小牧沖など)マガレイ、ソウハチ、ソイ
※ソイは出産期。カレイは終了か。

(日高沖=静内沖など)ソウハチ、ボートロック、浅場五目(ソイ、ガヤなど)、沖五目(ヤナギノマイ、マダラなど)、キンキ
※ソウハチは数釣りも。ヤナギノマイとのセット釣りも。キンキも好調
 
(十勝・釧路沖)ソウハチ、沖五目(マダラなど)
※ソウハチは3桁も。トキシラズも交じる。

(オホーツク海)マガレイ、クロガシラのカレイ、アオゾイ、ホッケなどの沖五目
※カレイ、沖五目とも好調。

(留萌沖)ヒラメ、沖五目
※ヒラメ好調。

◎地元鮮魚店の魚種(地物中心)
(6月21日)…トキシラズ(昆布森3900円〜)、マダラ、ヒラメ、チップ(屈斜路湖250円)、ブリ(ワラサ級寿都3000円〜)、アンコウ、ハッカク、アオゾイ(礼文、羅臼)、マガレイ、クロガレイ、カワガレイ、ナメタ、アブラコ、ガヤ、ニシン、クロソイ、シャコ(オス10匹1200円)、サクラマス(少し)
※チップの季節。

(6月14日)…トキシラズ(大樹産、3600円〜)、マダラ、ヒラメ、シマゾイ、ブリ(盃産、寿都産、12.5`5200円〜)、ハッカク、マガレイ、スナガレイ、カワガレイ、クロガシラ、ニシン、ホッケ、ガヤ(留萌産)、アブラコ、イシガレイ、ソウハチ、カスベ
※ブリが増えてきた。ヒラメも増えた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下石狩湾新港から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報提供釣具店など。

【札幌近郊】
■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★シャコ ★カレイ
6/22付の石狩釣り速報を参照ください。チカが少し上向いた。6月24日、石狩放水路の左岸砂浜で、投げ釣りで手のひらカレイ数匹。大きなワタリガニも掛かった。
釣り友取材班

■小樽港 ★チカ ★ホッケ ★ハゼ ★カレイ
(6月13日提供)うまや町岸壁、港町ふ頭などで15a前後のチカがぽつぽつ。ホッケはフェリーターミナル周辺の岸壁で30〜40aが5〜10匹。サビキ釣りで。ハゼ、カレイはクロガシラなどが小型主体にぽつぽつ。
釣り友取材班

【道央・道南】
■瀬棚〜江差海岸 ★ヒラメ ★ホッケ ★カレイ ★ガヤ ★ソイ ★イワシ ★サバ
※ヒラメは90aも。イワシ、サバが釣れだした。

(6月25日提供)ヒラメは利別川のサーフでも釣れだした。その他のポイントの状況は、先週同様だ。ブリも見えてきた。投げ釣りは下火。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月22日提供)イワシ、サバは上ノ国、熊石漁港などで20〜30a前後が30〜50匹。オキアミなどのコマセが必要。カレイは江差・椴川海岸、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が5〜10匹。早朝が良い。時折ヒラメも釣れる。漁港にはイワシも入っている。ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜1匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月18日提供)ヒラメは瀬棚新港で6月15日に、45〜50aを2匹という人がいた。60a超えもけっこう上がっていて。90aも上がっている。主にワームで。鷹ノ巣岬などの磯でも狙える。投げ釣りのカレイはそろそろ下火。瀬棚新港でマガレイ主体に35a交じりで2〜5匹。6月16日に栄浜(島牧村)の港に20〜25aのマイワシの群れがが入り、それを追ってかブリも入ったそう。マイワシはなぜか食い気か少なく、回遊しているだけという。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109
■奥尻島 ★クロガシラ ★ヒラメ
(6月25日提供)青苗漁港外防波堤先端部で、夕方にワームでヒラメは40a前後が全体で1、2匹。夜は、クロソイの30〜40aが2、3匹。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472

(6月4日提供)青苗漁港外防波堤先端部で、クロガシラは40a級含め0〜3匹。ヒラメも夕方に、先端付近で40a前後が2人で1匹ずつ釣っていた。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■松前〜函館海岸 ★カレイ ★ホッケ ★ハゼ ★アブラコ ★ヤリイカ ★サバ ★イワシ
(6月22日提供)カレイは原口漁港、松前港、当別漁港などで30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。サバ、イワシは松前港、吉岡、福島漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館港とその周辺 ★カレイ ★イワシ ★サバ ★アブラコ ★ホッケ ★ヤリイカ、★マメイカ ★ウミタナゴ ★チカ ★ソウダガツオ ★フクラギ
※函館港内はイワシ、サバの回遊に当たれば釣れる。サバは40a前後の大型も。サビキは7〜10号で、コマセエサをまくと白系でも赤系でも釣れる。サオは3〜5bでリール付きが良い。底まで垂らし、じっと待っているいるとサオ先が引き込まれる。夕方からはヤリイカが上がっている。

(6月22日提供)イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、北ふ頭などで20〜40a前後が20〜50匹。6月21日は午前中に、海岸町船だまりで30匹上がる。アブラコ、カレイは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで30〜40a前後が1、2匹。ソウダガツオやフクラキも釣れる。ヤリイカは中央ふ頭、海洋センター岸壁で20〜40a前後が5〜10匹前後。多い人は数10匹も。マメイカも交じるがむらある。ウミタナゴは海岸町船だまり、中央ふ頭などで20a前後が10〜20匹。チカも10数匹交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月15日提供)イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、北ふ頭などで20〜40a前後が20〜50匹。6月14日はイワシが万代ふ頭で80匹も。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。ソウダガツオやフクラキも釣れる。ヤリイカは中央ふ頭、海洋センター岸壁で20〜40a前後が5〜10匹。多い人は数10匹も。マメイカも交じる。ウミタナゴは海岸町船だまり、中央ふ頭などで20a前後が10〜20匹。チカも交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館〜戸井〜恵山海岸 ★ソイ ★ガヤ ★カレイ
(6月22日提供)ソイ、ガヤは日浦、恵山海岸で30a前後が5〜10匹。ブラクリや探り釣りで。カレイは日浦、汐首海岸で30〜40a前後2〜3匹。時折大型のマコガレイも上がる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■椴法華〜森海岸 ★アブラコ ★ソイ ★ガヤ ★カレイ ★チカ
(6月22日提供)アブラコは椴法華、古部海岸などで30〜40a前後が2、3匹。古部漁港周辺で50aのババガレイ、マツカワも上がります。ソイ、ガヤは椴法華、森港、砂原漁港などで20〜30aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。カレイは森、尾白内海岸でスナガレイ、イシガレイの20〜30aが5〜10匹。チカは安浦漁港で15〜20aが10〜50匹。大小交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月15日提供)アブラコは椴法華、古部海岸などで30〜40a前後が2、3匹。ソイ、ガヤは椴法華、森港、砂原漁港などで20〜30aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。カレイは森、尾白内海岸でスナガレイ、イシガレイの20〜30aが5〜10匹。チカは安浦漁港で15〜20aが10〜50匹。大小交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■森〜長万部海岸 ★カレイ ★ソイ ★ガヤ ★アブラコ ★ヒラメ ★サクラマス
※八雲の黒岩海岸では、ヒラメ、サクラマスがルアーで上がっている。今季は特にサクラマスが好調。

(6月22日提供)カレイは国縫、黒岩漁港で25〜30a前後が10〜30匹。スナガレイ、イシガレイにマツカワも上がる。黒岩海岸では、ヒラメ、サクラマスも。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■白老港 ★サバ ★イワシ ★ホッケ
(6月18日提供)サバは30〜40a、イワシは20a級が、合わせて30〜40匹。ホッケ30a前後も2、3匹交じる。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606
■苫小牧西港 ★クロガシラ ★アブラコ ★ガヤ ★マメイカ ★ヤリイカ ★チカ ★マイワシ ★サバ ★アナゴ 
※チカ、アブラコが良くなった。チビガヤはいくらでも。

(6月26日提供)6月21日、アブラコ5匹、クロガシラ4匹。アブラコは50a近いのが3匹、クロガシラは49.9が最大。他はチビガヤばかりだった。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

(6月25提供)チカは漁港区で10〜15aが先週同様釣れている。イワシ、サバも入っているがむらがある。釣れないときはゼロ。例年8月末に来るのだが、時期がずれている。水温が高いのか。脂がなくて味は良くない。港内一帯でアナゴが見えてきた。数は0〜3匹。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月18日提供)チカは漁港区で10〜15aが20〜250匹。ガヤは10a級が日中も入れ食い。コマセカゴ付き9号サビキで針数付くことも。入船公園、キラキラ公園などで。から揚げにすると骨まで食べられる。鍋の出汁にしてもおいしい。ファミリー向け。マメイカは終盤。釣れない人が多い。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月18日提供)6月14日、アブラコ48、50、54a。クロガシラ50a弱をキャッチするも、岸壁で針外し中に暴れて、海に逃げる。このほかカレイは中、小型が8匹。大型魚はすべてホタテのひもがエサ。イソメではチビガヤがうるさく、エサの消耗が激しい。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

(6月11日提供)漁港区でチカが釣れだした。10〜12aが30〜150匹。ワカサギ仕掛けの小さめの針に、スピードエサ付け器で。勇払ふ頭のマメイカは一時途切れていたが、再び釣れだし、20a前後のヤリイカも交じるようになった。エギで多い人は30匹ほどだが、1、2匹という人が多い。日中も釣れるが朝方3時ごろが良いようだ。マイワシは一時釣れたが、イルカが入っていなくなった。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月11日提供)6月11日、クロガシラ大型4匹、中小型10匹ほど。中型アブラコ2匹。大型アブラコも掛かったがばらした。勇払ふ頭でマメイカが釣れているようだ。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

【道東・道北】
■大津海岸 ★コマイ
(6月11日提供)大型のコマイが釣れているようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■茶路川河口海岸 ★サクラマス
(6月18火提供)サクラマスは、良いときは全体で50匹ということも。型は50〜60aと良好。釣り人が集中している。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)サクラマスが釣れだし、全体で0〜10匹。型は40〜60a超え。音別川河口海岸は情報がない。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■大楽毛海岸 ★コマイ ★カレイ
(6月18日提供)コマイはオオマイ交じりで20〜50匹。カレイはクロガシラ、カワガレイが0〜5匹。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)コマイは朝夕に、5〜20匹。カレイはカワガレイ主体に5匹前後。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■釧路港 ★サクラマス ★ニシン
(6月18日)ニシンは東港の中央、南ふ頭で20〜50匹。先週は良かったようだ。時期的に子持ちではないだろう。回遊次第。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月3日提供)西港の西防波堤は工事で立ち入り禁止となったため、シーズンのサクラマスは狙えない。茶路川河口などの海岸に期待したい。東港のニシンは数が落ちてきて、型も20a級が多くなったようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■千代ノ浦漁港 ★コマイ
(6月18日提供)コマイは夜から朝にかけてがよく、小型主体に多い人は3桁も。20〜50匹が多い。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)コマイは夜から朝にかけてがよく、小中型が30匹〜3桁も。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月3日提供)コマイは先週から好調で、3桁という人もいるようだ。日中でも釣れるという。ファミリーで楽しめる。型は不明。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■網走港 ★クロガシラ ★チカ
(6月25日提供)チカが釣れていたが、6月24日の夜に、港内に大型船が入り釣り場がなくなった。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月18日提供)チカが第2〜3ふ頭で10a級が、釣れだした。仕掛けは4号程度。いくらでも釣れる状況だが。釣り人が少ない。カレイはクロガシラが釣れているが、早朝の6時ぐらいまでのようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月3日提供)第1〜3ふ頭でクロガシラの35〜40aが5匹前後。もっと釣れるようだが、地元の人は5匹も釣るとやめてしまうようだ。コロナの影響で釣り人も少ないので狙い目だ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856
■能取湖 ★チカ ★サクラマス ★カレイ
(6月25日提供)釣り人は少なく、釣れていないようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月18日提供)チカが釣れだした。仕掛けは4号程度。カレイはクロガシラが釣れている。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月3日提供)サクラマスは湖口で狙っているが、20人ぐらいいて、1匹という感じらしい。もう終わりかもしれない。カレイも狙っているがぱっとしないようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

<船釣り情報>

以下石狩沖から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報協力遊漁船。
※記事中の「船中」は船釣り用語で「全体」の意味

【札幌近郊】
■石狩、小樽沖 ★カレイ ★ヒラメ
※カレイ釣りは終盤。ヒラメは釣果にむらがあるようだ。 
<推奨船>
小樽港…遊漁船シェイク 吉野船長 080・5598・4819 カレイ、ヒラメ、ソイ、ガヤなど
小樽港…金龍丸 金谷船長 0134・54・2004 カレイ、ヒラメ、五目など

(6月23日提供)6月23日、ヒラメは、最大62a。船中15匹、サオ頭3匹。60a台2匹、50a台もちらほら、良型が多い感じ。初挑戦者2匹。6月22日午前、3人で1匹。6月21日午前、最大77a、船中24匹、サオ頭7匹。21日午後、最大63a、船中19匹、サオ頭6匹。午後から短時間の手ぶら釣り体験も実施中。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

(6月21提供)6月21日、水深28〜29bでマガレイは18〜37aが25〜35匹。カナガシラは31〜34aが船中で15匹。北西の風あり肌寒い気温の中、苦戦気味。やや寂しげな釣果となった。カレイ釣りは次週で最終予定。その後は沖五目、マイカ釣りで出港。
金龍丸 小樽港 金谷
0134・54・2004

(6月18日提供)6月18日、ヒラメは最大67a。全体で16匹。その他リリース4匹。最多4匹が2名。初挑戦者3匹。午後から短時間の手ぶら釣り体験も実施中。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

【道央・道南】
■積丹沖(美国、幌武意、余別方面など) ★ヒラメ ★沖五目 ★ソイ ★ホッケ   
※マイカ開幕3桁も。ブリは漁の網にも大漁に入るようになった。釣りも本格化か。はしりは例年型が良い。10`級も期待。
<推奨船>
美国漁港…征海丸 宮原船長 090・5434・1810 ソイ五目、ブリなど
日司漁港…明見丸 加納船長 090・2076・7112 沖五目、ヒラメなど
余別漁港…龍祥丸 飯田船長 090・6999・1132 沖五目、ヒラメなど

(6月24日提供)6月24日、神威岬沖の水深130〜140bで。ヤナギノマイは25〜33aが60〜80匹。マダラは50〜70aが4、5匹。ホッケは30〜40aが1人15匹前後。
明見丸 日司港 加納
090・2076・7112

(6月21日提供)6月21日、ヒラメは、サルワン〜沼前岬沖の水深20b前後で、船中で約40b、最大62a、60a台は2匹。50〜58aが約7匹、他は40〜50a。バケは500c。
龍祥丸 余別港 飯田
0135・46・5328

(6月19日提供)6月19日、ソイ類は午後便のスーパーライトジギング(SLJ)で38〜57aが4〜7匹。アブラコは42〜58aが2〜6匹。他にホッケ。ソイは50aアップが大半む。アイナメもビッグサイズが出た。午前便は、ブリジギングで出港中。
征海丸 美国港 宮原
090・5434・1810
■須築〜瀬棚沖 ★ソイ ★マダラ ★ヤナギノマイ ★ヒラメ
※マイカが釣れだした。ヒラメは瀬棚沖、須築沖でも好調。マダラ、ヤナギノマイなどの沖五目も好調。
<推奨船>
須築漁港…八重丸 山中船長 090・5959・6933 主に須築沖でヒラメ、ソイ、沖五目

(6月25日提供)最近で一番良かったのは6月22日で60a超えが4匹、最大で63a。50a台は15匹。サオ頭は13匹。9時ごろから潮が動いて、バタバタっときた。6月25日も63aが上がった。サオ頭は20匹ほど。今のところ好調だ。潮が変わって食わなくなったら、ソイを狙いマゾイ、シマゾイの25〜43aが1人7、8匹。潮が良くなったら、またヒラメを狙うという感じで、両魚種釣れるのが魅力。ヒラメは今は、根の際のかけあがりにいるが、これからは根の上に付くようになる。ベイトの関係だろうか、それとも産卵の関係だろうか。大型のはかなり卵を持っている。やせているのもいるので、既に産卵を終えたものもいるようだ。イルカも小魚がいるためか、すさまじいほどいるが、ヒラメや、ソイにはあまり影響がないので、ありがたい。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月25日提供)6月21日は、マイカがプレジャーボートで30〜50匹。型は胴長15a。22日は太櫓から出た船が100匹、200匹と上げていた。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月18日提供)6月18日は雨で早上がりした。ヒラメは少人数で58aくらいが2匹、45〜50a弱が4匹、そのほかソイ、ミズクサガレイも釣れた。6月16日は船長1人で2時間に10匹。型は60a超えが3匹。6月13日は、ヒラメは潮が悪く全体で45〜55aが6匹。ソイ釣りに変更して、マゾイ、シマゾイは25〜40aが1人で20匹という人もいた。ヒラメは潮次第だ。南からの上潮が良く、北からの下潮はぱっとしないというケースが多い。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月11日提供)6月7日が須築沖でのヒラメは今季初釣り。その後10日まで連日出港し、好調だった。7日は、69a頭に60a級を3匹という人もいた。60a超えは全体で12、13匹、40a台は少なく、50a超えがほとんどだった。北風がやや強く、5時に出港して9時前に早上がりしたが、それでも全体で25匹ほど釣れた。8日は船長1人で出港し、60a超えが3匹、40a台が2匹、他は50a超えで、合計13匹だった。9日は50a超えをダブルで2回上げた人がいて、1人で17、18匹釣ったようだ。全体では40〜50匹上がっていた。10日は4時半出港で9時に上がった。60a級が1、2匹で他はやや型が小さかった。この日はソイも交じり、25〜40a弱りマゾイがを5、6匹釣った人もいた。今後も期待したい。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月3日提供)5月26日、シマゾイ、マゾイの25〜50a弱を多い人は20匹。ヒラメも狙ったがまだ釣れなかった。須築沖ではこれからだ。玉ジャリなどの根際狙いなのでソイもくる。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933
■奥尻沖 ★マイカ ★ソイ ★ウスメバル ★マダラ ★ブリ 
※奥尻沖の釣りは青苗港に遊漁船が1隻ある。マイボートで釣っている人が多く、漁組の準組合員として釣った魚を出荷している船もある。奥尻は日本海の沖釣りの前線基地として存在価値がある。青苗の木元釣具(01397・3・2472)は、奥尻の釣りの重要拠点として知られる。

(6月25日提供)6月21日のタラ釣り大会では、青苗〜長浜沖の水深150〜200bで2〜5`が10〜50匹。多い人は150gクーラーが3つという感じ。みな近所におすそわけする。マイカは、型がやや良くなったが、専用発砲で40〜50入りサイズ。水深100〜150bで40〜50匹。漁師は多ければ150匹ほど。室津島沖のウスメバルは17〜23aが20〜50匹。潮次第。フラッシャー針で。同じくソイは、クロソイ主体に40〜50aが4〜15匹。エサは小イカ。ブリが釣れだした。7、8、10`と3匹上がった。そろそろ、マグロも来るころだ。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472

(6月4日提供)室津島周辺でクロソイは、水深20bで40〜50aが10〜50匹。エサはオオナゴ。ウスメバルは同じく室津島周辺の水深50bで15〜20aが20〜50匹。マイカは青苗〜松江沖で胴長10〜13a好調の20〜50匹、専業漁師は100匹も。朝、昼など時間帯は一定せず。今のところ今季は釣果が良いようだ。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■苫小牧沖 ★カレイ ★ソイ五目 ★トキシラズ ★アオマス
※ソウハチいなくなる?
<推奨船>
苫小牧西港…征海丸 川田船長 090・9525・3700 カレイ、ソイ五目など

(6月21日提供)6月21日、五目で出港。苫小牧〜樽前沖の水深45〜63bで。ソイは30〜40aが船中で10匹、マダラは50〜65aが2、3匹、ガヤは25〜30aが5〜10匹、アブラコは35〜45aが2〜8匹、マカジカ4.5`の特大が船中で1匹。ホッケは30〜40aが船中5匹。水温15.6℃。ソイ釣りは少し早いと思った出港してみた。ソイは少なく、出産後のようでやせていた。場所によりガヤが釣れた。アブラコが多かった。珍しくマダラが全員釣れた。マカジカはこれまでの最大。インチクで釣れた。その他、ソウハチ、アサバガレイ、トウベツカジカと9目釣れた

征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700

(6月11日提供)6月7日、苫小牧東港沖の水深17〜22bでソウハチは25〜35aが20〜80匹。水温11.6℃。釣果は前日も良くなかったので、出港を見合わせている。11日にマリーナから出た船も、まったくだめだったという。一気にいなくなったようだ。ソウハチがいなくなれば、マガレイが釣れそうなものだが、それもだめで、切れるのが早い。異変という感じだ。今季のマガレイはオスがあまり入ってこなかったためか。カレイ釣りのサビキには35aほどのサバが掛かってくるが、やせていておいしくないという。なぎを見て、マス&青マス(カラフトマス)、トキシラズに挑戦します、時期的にそろそろか。ソイなどの五目釣りも予定。日程は、まだ決めていない。希望者は問い合わせを。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700

(6月3日提供)6月1日、苫小牧東港の沖合水深18〜21bでソウハチ30〜47aが50〜250匹。マガレイは25〜35aが全体で10匹。水温11.5〜13℃。なぎ。マガレイは良い人手3、4匹。とにかくソウハチが多くて、マガレイが食う前にかかってしまう。ソウハチサビキは針3、4本で十分だ。マガレイ仕掛けを使ってもソウハチが来るし、底にはわせると小さいカジカもうるさくなる。船によってはサクラマスを狙っている船もあり釣れているよう。時期的にトキシラズも狙ってみたいところだ。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700
■静内沖 ★ソウハチ ★ヤナギノマイ ★キンキ
※ソウハチ好調。キンキも期待できる。
<推奨船>
静内漁港…静漁丸 静谷船長 090・8904・8501 ソウハチ、ヤナギノマイなどの沖五目、キンキ

(6月25日提供)6月19日、キンキは水深200〜300bで30〜35aが21〜29匹と大漁。この日はエサ釣りで。6月20日、21日のソウハチは40a平均が1人200匹ぐらいか。大型クーラー2つほど。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

(6月18日提供)6月16日、ソウハチは水深100bで40a級主体に100〜150匹ほど。型が良いので50?クーラーがいっぱいになる。6月13日は、キンキの初釣り。水深290bで30aほどが14〜20匹と好調だった。釣り場に6、7隻も船がいて驚いた。今季が好調なためかもしれない。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

(6月11日提供)6月10日、ソウハチとヤナギノマイのセット釣りで出港。ソウハチは水深120bで40a級主体に1人100匹ほど。ヤナギノマイは同じ水深、同じ仕掛けで20〜30匹。6月13日にキンキで出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

【道東・道北】
※日本海は留萌沖でヒラメ、沖五目。太平洋は十勝・大津沖で沖五目、トキシラズ。白糠、釧路沖はソウハチ、沖五目。オホーツク海は、ウトロ、網走、常呂、紋別沖などで、カレイ、沖五目。

■網走沖 ★沖五目 ★カレイ
(6月25日提供)カレイ、沖五目とも好調だ。カレイは入れ食い状態だ。お客さんが相変わらずいない。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月18日提供)6月13日、14日と出港し、沖五目はアオゾイ、マダラ、ホッケが好調だった。カレイも釣れているが、釣り客が少ない。

ラッキー商会 網走
0152・43・3856

■常呂沖 ★カレイ ★沖五目
<推奨船>
常呂漁港…幌岩丸 皆川船長 090・5223・3614 カレイ、マダラ、アオゾイなどの沖五目

(6月26日提供)6月26日、マガレイは少なくなった気がする。クロガシラは狙わないと釣れない。ダブルでも釣れるが数は少ない。カレイ釣りは転換期か。
幌岩丸 常呂港 皆川
090・5223・3614

(6月18日提供)6月18日、マガレイは型が良く、たくさん釣れている。クーラーいっぱいになる。最近の水深は15〜25bでオモリは50号前後を使用。6月16日の沖五目はマダラ、ホッケ、アオゾイなどがそこそこ釣れた。
幌岩丸 常呂港 皆川
090・5223・3614
チカが上向く。マメイカもまだぽつぽつ (石狩湾新港釣り速報)  (2020.6.22)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!

港湾作業の邪魔をしない!! ゴミの放置は厳禁!!!!


■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★カレイ ★シャコ 
 6月21日(日)13時過ぎの天候は晴れで、北寄り風が弱めに吹いていた。東ふ頭の漁協前岸壁には、釣り人が多かった。小学生らしき男の子を連れた男性は、「2人とも今日が釣りデビュー」と話し、バケツの中の10aほどの魚の名前を聞いてきた。アブラコだと教えた。沖側の工事用台船横の岸壁では、ザビキで20aほどのウミタナゴが上がるのを見た。魚を入れるために、海から引き上げたスカリには30aほどのウグイが5匹ほど入っていた。食べるのだろうか。東ふ頭のゲート内には、先週同様、エギなどによるマメイカ狙いの釣り人がたくさんいた。マメイカ釣りはしない顔見知りの常連熟年カップルは、「エサ釣りでマメイカを5、6匹上げている人がいる」と教えてくれた。本人たちは、チカ釣り専門で、10a前後を20匹ほど上げていた。9時ごろから始め、釣れだしたのは遅くなってからという。「こんなに釣れたのは今季初」ともいう。ほかには、小型のクロガシラが数匹。
 石狩放水路左岸側の砂浜に、顔見知りの常連がいた。投げ釣りで手のひらサイズのクロガシラ2匹。ジグではウグイしか釣れないとぼやいていた。放水路右岸側の砂浜はジェットスキーヤーのたまり場で、港内を走り回っていた。港内は遊泳禁止になったが、ジェットスキーは禁止ではないのだろうか。 
 花畔ふ頭の船だまりの右側小堤防(航路側)では、チカ10〜17aが人により10〜20匹と釣れていた。型は12、13aが多いようだ。小学生らしき男の子とチカ釣りをしていた男性のバケツには、チカとともにウグイも入っていた。「前回もそうだったが、持って帰ってから揚げにして食べる」という。感心、感心。ここでも、こんなにチカが釣れているを見たのは、今季初である。船だまり港内の最奥の岸壁にいたパパ、ママ、小学生ファミリーのバケツにも12〜13aのチカが10匹とウグイ、15〜20aのニシンが2匹入っていた。
 樽川ふ頭の駐車スペース前岸壁は、釣り人は少な目だった。一番右側でマメイカのエサ釣りをしていた人のバケツにはマメイカが7、8匹入っていた。10a級のチカをバケツ2匹入れている人もいた。常連によると夜にシャコも釣れだしているという。チカは昨季も下旬から良くなって、10〜15aが7月いっぱい釣れていた。小樽港の様子を見に行った常連によると、イワシの群れが入っていたという。石狩湾新港にも入ってくるかも知れない。イワシは一昨年が好調だった。昨季は8月にサバも入って来た。
 参考情報としては、浜益の毘砂別に行った常連は先週、ルアーで今季初のヒラメをゲットしたが、この日はだめだったようだ。
 尚、先週、樽川ふ頭のゲート前に明らかに、エギ釣りの釣り人のものと思われるゴミが放置され、それをカラスがつついて散乱するという迷惑行為が発生した。それを目撃した常連は「こんなことをするから釣り場に入れなくなるんだ」と激怒していた。こうした行為は絶対に行わないようにしてもらいたい。
 
<石狩湾新港で釣りをする時に特に注意しなければならないこと>
 日曜日は、東ふ頭の「砂揚場」は、ゲートが閉まっていることが多く、ゲート付近での路駐になる。平日は港内の作業でゲートが開いていても、車は入っていけなくなった。通路にバリケードが置かれ、釣り場の岸壁近くへの侵入はできなくなっている。中に入ると警察が取り締まることもある。車が転落して、高齢女性が死亡する事故も起きている。南側の道路の歩道などに駐車して、中に入った釣り人が、駐車違反で取り締まられたともいう。このほかゲートが設けられている場所は何ヵ所もあるので、ゲート前の路駐はもちろん、他の場所についても各種作業の邪魔をしないよう心がけてほしい。
 花畔ふ頭と、樽川ふ頭の中間部の砂浜に接する崖上道路は、大型車両が頻繁に通る。崖上は私有地で立ち入り禁止である。道路沿いの空きスペースに車を止めて釣りをする人がいる。道路にはみ出して止めて、警察が取り締まりにくることがある。
 岸壁近くに車を止めるときは、海に向かって、車の前方や後方を向けず、なるべく離して平行に止めること。高齢者ドライバーなどによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによって海に転落するケースもあるとされる。もちろんゴミは放置せず、必ず持ち帰ってほしい。
<北海道釣り概況>瀬棚新港でヒラメ90a。静内沖キンキ好調! (2020.6.19)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!

<全道概況>
◇◆◇ 6月19日、ようやく道民の移動制限が解除された。まだ、一部の港や海岸などで釣り自粛要請継続中のようなので、自治体などに確認の上利用してほしい。釣りは地域振興、観光振興に関係する側面もあるだけに、徐々に歩調を合わせて、自粛解除に向かってほしいものだ。
 道南日本海には夏の魚のイワシやサバが来遊している。これが、どこまで北上するかが関心事だ。太平洋の苫小牧沿岸にもイワシやサバが来遊して、釣れている港もある。日本海沿岸、噴火湾沿岸はヒラメも本格化している。釧路方面などではサクラマスがピークだ。サクラマスは、長万部周辺の港でも好調だ。投げ釣りのカレイも道東が良くなってきた。十勝、釧路沿岸ではコマイも釣れている。
 船釣りのヒラメは小樽沖、積丹沖、瀬棚沖などの船釣りでも好調だ。積丹沖にはブリの大群が網に入りだした。釣りが本格化するのも、近そうだ。はしりの時期は型が大きいのが魅力だ。マイカも間もなく釣れだすだろう。オホーツクは、マガレイや沖五目が好調だ。日高沖はキンキも好調だ。◆◇◆

※情報には、現在釣れている魚種だけでなく、今後の予想も含まれます。立ち入り禁止等、釣り場の状況が変わる場合もあります。釣り場での事故、トラブルに等ついては自己責任となります。安全にはくれぐれも注意してください。

※<海域の範囲>日本海は宗谷岬(稚内市)〜恵山岬(函館市)、太平洋は恵山岬(函館市)〜納沙布岬(根室市)、オホーツク海は納沙布岬(根室市)〜宗谷岬(稚内市)。噴火湾は砂崎(森町)〜チキウ岬(室蘭市)。積丹半島は余市町〜岩内町。

※釣り場の様子に詳しい釣具店に足を運んで、買い物がでら釣り情報を仕入れるのが釣果アップの近道!

◎港、海岸の釣り
※日本海の積丹方面では釣り自粛要請中の場所があるので注意。太平洋は十勝〜釧路方面でコマイが良いようだ。オホーツク海沿岸は、クロガシラ、マガレイなどのカレイが良い季節。
 
(チカ)
道央日本海…石狩湾新港、小樽港
道北日本海…
道南太平洋…尾札部漁港、川汲漁港、大船漁港、安浦漁港、函館港
道央太平洋…室蘭港、苫小牧西港
道東太平洋…
オホーツク海…根室港、標津漁港、紋別港

(イワシ・サバ)
第2栄浜漁港、上ノ国漁港、函館港、白老漁港、苫小牧西港

(ニシン)
苫小牧西港、釧路東港、稚内港

(マメイカ、ヤリイカ)
石狩湾新港、増毛港、留萌港、羽幌港、苫小牧西港、苫小牧東港、知内・小谷石〜涌元海岸、知内・中の川漁港、木古内・札苅漁港、函館港

(カレイ)
 道南日本海は、江差港、上ノ国・寅ノ沢海岸、松前港でマガレイ、マコガレイ、函館周辺の海岸でのマコガレイなど。
 道北日本海でも増毛、留萌、小平、初山別、稚内にかけての港や海岸で広範囲にマガレイクロガシラなど。太平洋側は噴火湾沿岸の港はマガレイ、スナガレイ、イシガレイに加え、場所によりマツカワも。室蘭港、苫小牧西港はクロガシラ主体。日高沿岸の港や海岸でもクロガシラ、マツカワ。オホーツク海も各地でクロガシラ主体

(シャコ)
石狩湾新港、留萌港

(アブラコ)
道央、道南日本海、道南太平洋、噴火湾、日高、釧路方面の港や海岸

(カジカ)
日高、釧路沿岸の港や海岸

(ホッケ)
小樽港、岩内港、熊石漁港、元和漁港、乙部漁港、江差港、松前港、吉岡漁港、函館港など

(ソイ・ガヤ)
日本海沿岸、噴火湾、道南、道央の太平洋沿岸などの港や磯。夜釣りが中心

(サクラマス)
日本海北部は、浜益、増毛、小平・大椴、初山別、稚内にかけての河口周辺の海岸など。日本海南部は島牧、瀬棚、熊石にかけての河口周辺の海岸。日本海側は終盤。太平洋は、黒岩漁港、長万部漁港などの噴火湾、苫小牧・勇払海岸、音別海岸、茶路川河口海岸など

(ヒラメ)
日本海一帯の海岸や港、噴火湾八雲、長万部海岸

(コマイ)
日高、十勝、釧路方面にかけての港や海岸


◎船釣り
※ほぼ全道で楽しめる時期。船上では密≠避けて、コロナ感染防止対策を。

(石狩・小樽沖)ヒラメ、カレイ、ソイ・ガヤ、
※カレイはマガレイ主体に6月末ごろまで。ヒラメ好調。

(積丹沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ホッケ、ソイ、ブリ、マイカ
※ヒラメ好調。ブリ、マイカもそろそろ。

(せたな沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ソイ
※ヒラメ好調。 
 
(奥尻沖)ソイ、ウスメバル、マイカ
※マイカは今季好調のよう。

(函館・津軽海峡沖)ヒラメ、ウスメバル、ホッケ、沖五目
※ヒラメ開幕。

(噴火湾沖)ヒラメ、ソウハチ
※ヒラメは型が良い。

(胆振沖=室蘭、苫小牧沖など)マガレイ、ソウハチ、ソイ
※ソイは出産期。カレイは終了か。

(日高沖=静内沖など)ソウハチ、ボートロック、浅場五目(ソイ、ガヤなど)、沖五目(ヤナギノマイ、マダラなど)、キンキ
※ソウハチは数釣りも。ヤナギノマイとのセット釣りも。キンキも好調
 
(十勝・釧路沖)ソウハチ、沖五目(マダラなど)

(オホーツク海)マガレイ、クロガシラのカレイ、アオゾイ、ホッケなどの沖五目
※カレイ、沖五目とも好調

(留萌沖)ヒラメ、沖五目
※ヒラメ好調。

◎地元鮮魚店の魚種(6月14日)…トキシラズ(大樹産、3600円〜)、マダラ、ヒラメ、シマゾイ、ブリ(盃産、寿都産、12.5`5200円〜)、ハッカク、マガレイ、スナガレイ、カワガレイ、クロガシラ、ニシン、ホッケ、ガヤ(留萌産)、アブラコ、イシガレイ、ソウハチ、カスベ
※ブリが増えてきた。ヒラメも増えた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下石狩湾新港から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報提供釣具店など。

【札幌近郊】
■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★シャコ ★カレイ
6/16付の石狩釣り速報を参照ください。相変わらずマメイカ狙いの釣り人が多いが、日中はあまり釣れていないだ。チカも釣れても数匹といったところ。カレイは小型主体。そろそろシャコが釣れだす時期だ。
釣り友取材班

■小樽港 ★チカ ★ホッケ ★ハゼ ★カレイ
うまや町岸壁、港町ふ頭などで15a前後のチカがぽつぽつ。ホッケはフェリーターミナル周辺の岸壁で30〜40aが5〜10匹。サビキ釣りで。ハゼ、カレイはクロガシラなどが小型主体にぽつぽつ。
釣り友取材班

【道央・道南】
■瀬棚〜江差海岸 ★ヒラメ ★ホッケ ★カレイ ★ガヤ ★ソイ ★イワシ ★サバ
※ヒラメは90aも。イワシ、サバが釣れだした。

(6月18日提供)ヒラメは瀬棚新港で6月15日に、45〜50aを2匹という人がいた。60a超えもけっこう上がっていて。90aも上がっている。主にワームで。鷹ノ巣岬などの磯でも狙える。投げ釣りのカレイはそろそろ下火。瀬棚新港でマガレイ主体に35a交じりで2〜5匹。6月16日に栄浜(島牧村)の港に20〜25aのマイワシの群れがが入り、それを追ってかブリも入ったそう。マイワシはなぜか食い気か少なく、回遊しているだけという。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月15日提供)イワシ、サバは上ノ国、熊石漁港などで20〜30a前後が30〜50匹。オキアミなどのコマセが必要。カレイは江差・椴川海岸、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が5〜10匹。早朝が良い。時折ヒラメも釣れる。漁港にはイワシも入っている。ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜1匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月11日提供)ヒラメは瀬棚新港、鷹ノ巣岬、美谷海岸などで朝、夕に狙える。型は40a前後が主体。早いうちはは型が良かったが、やや小ぶりになった。ワームや、ジグの28〜35cで。投げ釣りはマガレイが、瀬棚新港、鷹ノ巣岬、吹込漁港などで。吹込漁港では10匹前後上がることも。ホッケは終わっている。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月8日提供)ホッケは江差港、乙部、元和漁港などで30a前後10〜20匹。ウキ釣りでエサはオキアミなど。コマセ用のアミも必要。カレイは江差・椴川海岸、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が1〜5匹。元和漁港ではマガレイが上がっていた。ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜1匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■奥尻島 ★クロガシラ ★ヒラメ
(6月4日提供)青苗漁港外防波堤先端部で、クロガシラは40a級含め0〜3匹。ヒラメも夕方に、先端付近で40a前後が2人で1匹ずつ釣っていた。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■松前〜函館海岸 ★カレイ ★ホッケ ★ハゼ ★アブラコ ★ヤリイカ ★サバ ★イワシ
※サバ、イワシが釣れだした。

(6月15日提供)カレイは原口漁港、松前港、当別漁港などで30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。サバ、イワシは松前港、吉岡、福島漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月8日提供)カレイは松前港、当別漁港、七重浜海岸で30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。ハゼは福島、吉岡漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館港とその周辺 ★カレイ ★イワシ ★サバ ★アブラコ ★ホッケ ★ヤリイカ、★マメイカ ★ウミタナゴ ★チカ ★ソウダガツオ ★フクラギ
※函館港内はイワシ、サバの回遊に当たれば釣れる。サバは40a前後の大型も。サビキは7号前後で、コマセエサをまくと白系でも赤系でも釣れる。夕方からはヤリイカが上がっている。

(6月15日提供)イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、北ふ頭などで20〜40a前後が20〜50匹。6月14日はイワシが万代ふ頭で80匹も。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。ソウダガツオやフクラキも釣れる。ヤリイカは中央ふ頭、海洋センター岸壁で20〜40a前後が5〜10匹。多い人は数10匹も。マメイカも交じる。ウミタナゴは海岸町船だまり、中央ふ頭などで20a前後が10〜20匹。チカも交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月8日提供)カレイは大森浜海岸で、30〜40a前後が3〜7匹。ババガレイも上がる。イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、北ふ頭などで20a前後が3〜10匹。回遊次第。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。緑の島では52aが上がった。ホッケも交じる。ヤリイカは中央ふ頭、若松ふ頭で20〜40a前後が3〜5匹。マメイカも交じる。ウミタナゴは万代、中央ふ頭などで20a前後が10〜20匹。チカも交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館〜戸井〜恵山海岸 ★ソイ ★ガヤ ★カレイ
※先週とほぼ同様。

(6月15日提供)ソイ、ガヤは日浦、恵山海岸で30a前後が5〜10匹。ブラクリや探り釣りで。カレイは日浦、汐首海岸で30〜40a前後2〜3匹。時折大型のマコガレイも上がる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■椴法華〜森海岸 ★アブラコ ★ソイ ★ガヤ ★カレイ ★チカ
※先週とほぼ同様。

(6月15日提供)アブラコは椴法華、古部海岸などで30〜40a前後が2、3匹。ソイ、ガヤは椴法華、森港、砂原漁港などで20〜30aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。カレイは森、尾白内海岸でスナガレイ、イシガレイの20〜30aが5〜10匹。チカは安浦漁港で15〜20aが10〜50匹。大小交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■森〜長万部海岸 ★カレイ ★ソイ ★ガヤ ★アブラコ ★ヒラメ ★サクラマス
※八雲の黒岩海岸では、ヒラメ、サクラマスがルアーで上がっている。

(6月15日提供)カレイは国縫、黒岩漁港で25〜30a前後が10〜30匹。スナガレイ、イシガレイにマツカワも上がる。黒岩海岸では、ヒラメ、サクラマスも。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月8日提供)カレイは国縫、黒岩、東野漁港で25〜30a前後が10〜30匹。東野漁港ではクロガシラが上がる。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■白老港 ★サバ ★イワシ ★ホッケ
(6月18日提供)サバは30〜40a、イワシは20a級が、合わせて30〜40匹。ホッケ30a前後も2、3匹交じる。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606
■錦岡海岸 ★カレイ
(6月3日提供)カレイは20a級主体に投げ釣りで10匹ぐらいは固いようだ。イシガレイがメインでマガレイなども。そんなに投げなくてもよいようだ。ファミリーで楽しめそう。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606
■苫小牧西港 ★クロガシラ ★マメイカ ★ヤリイカ、★チカ ★マイワシ 
※チカ、アブラコが良くなった。チビガヤはいくらでも。

(6月18日提供)チカは漁港区で10〜25aが20〜250匹。ガヤは10a級が日中も入れ食い。コマセカゴ付き9号サビキで針数付くことも。入船公園、キラキラ公園などで。から揚げにすると骨まで食べられる。鍋の出汁にしてもおいしい。ファミリー向け。マメイカは終盤。釣れない人が多い。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月18日提供)6月14日、アブラコ48、50、54a。クロガシラ50a弱をキャッチするも、岸壁で針外し中に暴れて、海に逃げる。このほかカレイは中、小型が8匹。大型魚はすべてホタテのひもがエサ。イソメではチビガヤがうるさく、エサの消耗が激しい。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

(6月11日提供)漁港区でチカが釣れだした。10〜12aが30〜150匹。ワカサギ仕掛けの小さめの針に、スピードエサ付け器で。勇払ふ頭のマメイカは一時途切れていたが、再び釣れだし、20a前後のヤリイカも交じるようになった。エギで多い人は30匹ほどだが、1、2匹という人が多い。日中も釣れるが朝方3時ごろが良いようだ。マイワシは一時釣れたが、イルカが入っていなくなった。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月11日提供)6月11日、クロガシラ大型4匹、中小型10匹ほど。中型アブラコ2匹。大型アブラコも掛かったがばらした。勇払ふ頭でマメイカが釣れているようだ。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

【道東・道北
■大津海岸 ★コマイ
(6月11日提供)大型のコマイが釣れているようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■茶路川河口海岸 ★サクラマス
(6月18火提供)サクラマスは、良いときは全体で50匹ということも。型は50〜60aと良好。釣り人が集中している。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)サクラマスが釣れだし、全体で0〜10匹。型は40〜60a超え。音別川河口海岸は情報がない。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■大楽毛海岸 ★コマイ ★カレイ
(6月18日提供)コマイはオオマイ交じりで20〜50匹。カレイはクロガシラ、カワガレイが0〜5匹。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)コマイは朝夕に、5〜20匹。カレイはカワガレイ主体に5匹前後。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■釧路港 ★サクラマス ★ニシン
(6月18日)ニシンは東港の中央、南ふ頭で20〜50匹。先週は良かったようだ。時期的に子持ちではないだろう。回遊次第。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月3日提供)西港の西防波堤は工事で立ち入り禁止となったため、シーズンのサクラマスは狙えない。茶路川河口などの海岸に期待したい。東港のニシンは数が落ちてきて、型も20a級が多くなったようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■千代ノ浦漁港 ★コマイ
(6月18日提供)コマイは夜から朝にかけてがよく、小型主体に多い人は3桁も。20〜50匹が多い。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月11日提供)コマイは夜から朝にかけてがよく、小中型が30匹〜3桁も。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月3日提供)コマイは先週から好調で、3桁という人もいるようだ。日中でも釣れるという。ファミリーで楽しめる。型は不明。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■網走港 ★クロガシラ ★チカ
※チカが釣れだしたが、港内は釣り人が少なく閑散としている。

(6月18日提供)チカが第2〜3ふ頭で10a級が、釣れだした。仕掛けは4号程度。いくらでも釣れる状況だが。釣り人が少ない。カレイはクロガシラが釣れているが、早朝の6時ぐらいまでのようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月3日提供)第1〜3ふ頭でクロガシラの35〜40aが5匹前後。もっと釣れるようだが、地元の人は5匹も釣るとやめてしまうようだ。コロナの影響で釣り人も少ないので狙い目だ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856
■能取湖 ★チカ ★サクラマス ★カレイ
(6月18日提供)チカが釣れだした。仕掛けは4号程度。カレイはクロガシラが釣れている。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

(6月3日提供)サクラマスは湖口で狙っているが、20人ぐらいいて、1匹という感じらしい。もう終わりかもしれない。カレイも狙っているがぱっとしないようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

<船釣り情報>

以下石狩沖から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報協力遊漁船。
※記事中の「船中」は船釣り用語で「全体」の意味

【札幌近郊】
■石狩、小樽沖 ★カレイ ★ヒラメ 
<推奨船>
小樽港…遊漁船シェイク 吉野船長 080・5598・4819 カレイ、ヒラメ、ソイ、ガヤなど
小樽港…金龍丸 金谷船長 0134・54・2004 カレイ、ヒラメ、五目など

(6月18日提供)6月18日、ヒラメは最大67a。全体で16匹。その他リリース4匹。最多4匹が2名。初挑戦者3匹。午後から短時間の手ぶら釣り体験も実施中。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

(6月14日提供)6月14日、水深28〜29bで。水温15℃。マガレイは28〜38aが40〜50匹前後。ソウハチは26〜35aが10〜15匹。カナガシラは30〜36aが全体で20匹。良型のマガレイが釣れている。
金龍丸 小樽港 金谷
0134・54・2004

(6月10日提供)6月10日、サオ頭は最大60a含め4匹、船中7匹のみ。6月8日最大70a、最多3匹3名、全体で14匹。6月7日、最大50a、最多3匹2名、全体で10匹。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

【道央・道南】
■積丹沖(美国、幌武意、余別方面など) ★ヒラメ ★沖五目 ★ソイ ★ホッケ   
※ブリは漁の網にも大漁に入るようになった。釣りも本格化か。はしりは例年型が良い。10`級も期待。
<推奨船>
美国漁港…征海丸 宮原船長 090・5434・1810 ソイ五目、ブリなど
日司漁港…明見丸 加納船長 090・2076・7112 沖五目、ヒラメなど
余別漁港…龍祥丸 飯田船長 090・6999・1132 沖五目、ヒラメなど

(6月14日提供)6月14日、神威岬沖の水深130b前後で、ヤナギノマイは25〜35aが1人70〜80匹。マダラは60〜80aが3〜5匹。法華は30〜45aが10匹前後。
龍祥丸 余別港 飯田
0135・46・5328

(6月14日提供)6月14日、ソイ類は午後便のスーパーライトジギング(SLJ)で33〜42aが4〜6匹。他にホッケ。良型のソイ類が多くなってきた。午前便は、ブリジギングで出港中。
征海丸 美国港 宮原
090・5434・1810

(6月10日提供)ソイ類は午後便のスーパーライトジギング(SLJ)で33〜52aが0〜6匹。6割がシマゾイ、クロゾイ3割、マゾイ1割。良型が多くなってきた。6月8日、午前のブリジギングで9.5`1匹。他にホッケ。ブリは朝一でヒット。6日には、ブリ狙いのジグに69aのヒラメが来た。
征海丸 美国港 宮原
090・5434・1810

(6月9日提供)6月9日、ヒラメはサルワンの水深18b前後で、全体で30匹。61〜65aが5匹、その他は40〜56a。バケは500c。
龍祥丸 余別港 飯田
0135・46・5328

(6月8日提供)神威岬沖の水深130bで、ヤナギノマイは全員が25〜35aを100匹超え。ホッケは30〜40aが1人20匹前後。
明見丸 日司港 加納
090・2076・7112
■須築〜瀬棚沖 ★ソイ ★マダラ ★ヤナギノマイ ★ヒラメ
※ヒラメは瀬棚沖、須築沖でも好調。マダラ、ヤナギノマイなどの沖五目も好調。マイカはまだのようだ。
<推奨船>
須築漁港…八重丸 山中船長 090・5959・6933 主に須築沖でヒラメ、ソイ、沖五目

(6月18日提供)6月18日は雨で早上がりした。ヒラメは少人数で58aくらいが2匹、45〜50a弱が4匹、そのほかソイ、ミズクサガレイも釣れた。6月16日は船長1人で2時間に10匹。型は60a超えが3匹。6月13日は、ヒラメは潮が悪く全体で45〜55aが6匹。ソイ釣りに変更して、マゾイ、シマゾイは25〜40aが1人で20匹という人もいた。ヒラメは潮次第だ。南からの上潮が良く、北からの下潮はぱっとしないというケースが多い。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月11日提供)6月7日が須築沖でのヒラメは今季初釣り。その後10日まで連日出港し、好調だった。7日は、69a頭に60a級を3匹という人もいた。60a超えは全体で12、13匹、40a台は少なく、50a超えがほとんどだった。北風がやや強く、5時に出港して9時前に早上がりしたが、それでも全体で25匹ほど釣れた。8日は船長1人で出港し、60a超えが3匹、40a台が2匹、他は50a超えで、合計13匹だった。9日は50a超えをダブルで2回上げた人がいて、1人で17、18匹釣ったようだ。全体では40〜50匹上がっていた。10日は4時半出港で9時に上がった。60a級が1、2匹で他はやや型が小さかった。この日はソイも交じり、25〜40a弱りマゾイがを5、6匹釣った人もいた。今後も期待したい。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月3日提供)5月26日、シマゾイ、マゾイの25〜50a弱を多い人は20匹。ヒラメも狙ったがまだ釣れなかった。須築沖ではこれからだ。玉ジャリなどの根際狙いなのでソイもくる。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933
■奥尻沖 ★マイカ ★ソイ ★ウスメバル 
※奥尻沖の釣りは青苗港に遊漁船が1隻ある。マイボートで釣っている人が多く、漁組の準組合員として釣った魚を出荷している船もある。奥尻は日本海の沖釣りの前線基地として存在価値がある。青苗の木元釣具(01397・3・2472)は、奥尻の釣りの重要拠点として知られる。

(6月4日提供)室津島周辺でクロソイは、水深20bで40〜50aが10〜50匹。エサはオオナゴ。ウスメバルは同じく室津島周辺の水深50bで15〜20aが20〜50匹。マイカは青苗〜松江沖で胴長10〜13a好調の20〜50匹、専業漁師は100匹も。朝、昼など時間帯は一定せず。今のところ今季は釣果が良いようだ。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■苫小牧沖 ★カレイ ★ソイ五目 ★トキシラズ ★アオマス
※ソウハチいなくなる?
<推奨船>
苫小牧西港…征海丸 川田船長 090・9525・3700 カレイ、ソイ五目など

(6月11日提供)6月7日、苫小牧東港沖の水深17〜22bでソウハチは25〜35aが20〜80匹。水温11.6℃。釣果は前日も良くなかったので、出港を見合わせている。11日にマリーナから出た船も、まったくだめだったという。一気にいなくなったようだ。ソウハチがいなくなれば、マガレイが釣れそうなものだが、それもだめで、切れるのが早い。異変という感じだ。今季のマガレイはオスがあまり入ってこなかったためか。カレイ釣りのサビキには35aほどのサバが掛かってくるが、やせていておいしくないという。なぎを見て、マス&青マス(カラフトマス)、トキシラズに挑戦します、時期的にそろそろか。ソイなどの五目釣りも予定。日程は、まだ決めていない。希望者は問い合わせを。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700

(6月3日提供)6月1日、苫小牧東港の沖合水深18〜21bでソウハチ30〜47aが50〜250匹。マガレイは25〜35aが全体で10匹。水温11.5〜13℃。なぎ。マガレイは良い人手3、4匹。とにかくソウハチが多くて、マガレイが食う前にかかってしまう。ソウハチサビキは針3、4本で十分だ。マガレイ仕掛けを使ってもソウハチが来るし、底にはわせると小さいカジカもうるさくなる。船によってはサクラマスを狙っている船もあり釣れているよう。時期的にトキシラズも狙ってみたいところだ。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700
■静内沖 ★ソウハチ ★ヤナギノマイ ★キンキ
※ソウハチ好調。キンキも狙い目。
<推奨船>
静内漁港…静漁丸 静谷船長 090・8904・8501 ソウハチ、ヤナギノマイなどの沖五目、キンキ

(6月18日提供)6月16日、ソウハチは水深100bで40a級主体に100〜150匹ほど。型が良いので50?クーラーがいっぱいになる。6月13日は、キンキの初釣り。水深290bで30aほどが14〜20匹と好調だった。釣り場に6、7隻も船がいて驚いた。今季が好調なためかもしれない。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

(6月11日提供)6月10日、ソウハチとヤナギノマイのセット釣りで出港。ソウハチは水深120bで40a級主体に1人100匹ほど。ヤナギノマイは同じ水深、同じ仕掛けで20〜30匹。6月13日にキンキで出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

(6月3日提供)6月2日、ソウハチ狙いで30〜40aが100〜150匹。水深は40〜50b。6月1日は、ソウハチとヤナギノマイのセット釣り。ソウハチは2日と同数。ヤナギノマイは水深110bで10〜20匹と少し少なめだった。今後は水深200〜300bでのキンキも出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

【道東・道北】
※日本海は留萌沖でヒラメ、沖五目。太平洋は十勝・大津沖で沖五目、トキシラズ。白糠、釧路沖はソウハチ、沖五目。オホーツク海は、ウトロ、網走、常呂、紋別沖などで、カレイ、沖五目。

■網走沖 ★沖五目 ★カレイ
(6月18日提供)6月13日、14日と出港し、沖五目はアオゾイ、マダラ、ホッケが好調だった。カレイも釣れているが、釣り客が少ない。

ラッキー商会 網走
0152・43・3856

■常呂沖 ★カレイ ★沖五目
<推奨船>
常呂漁港…幌岩丸 皆川船長 090・5223・3614 カレイ、マダラ、アオゾイなどの沖五目

(6月18日提供)6月18日、マガレイは型が良く、たくさん釣れている。クーラーいっぱいになる。最近の水深は15〜25bでオモリは50号前後を使用。6月16日の沖五目はマダラ、ホッケ、アオゾイなどがそこそこ釣れた。
幌岩丸 常呂港 皆川
090・5223・3614
日中はマメイカよりも釣り人が多い状態!? (石狩湾新港釣り速報) (2020.6.16)
■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★カレイ 
 6月14日(日)15時過ぎの天候はくもりで、南東の風がやや強かった。東ふ頭の漁協前岸壁には、釣り人が並んでいたが、サオは置いたままという人が多かった。ファミリーらしきグループは、「1匹も釣れない。お菓子を食べににきたようなもの」。ベテラン風の年配の男性が、帰り支度をしながら、バケツからビニール袋に数匹しまっていた。おそらくチカだろう。釣れてもそんな状態だ。東ふ頭のゲート内には、先週同様、エギによるマメイカ狙いの釣り人がたくさんいて、出たり入ったりしていた。エギでたまたま1匹上げているのを見た。親子のバケツにも1匹入っていた。マメイカも日中は、こんな状態で、釣り人の方感じである。
 花畔ふ頭の船だまり周辺にも、釣り人がいたが、釣れていないようだった。階段状護岸は出し風なので、釣り人があちらこちらにいたが、釣れていないようだった。
 樽川ふ頭の駐車スペース前岸壁は向かい風になるので、釣り人は少な目だった。右側でマメイカ狙い。左側のフェンス前が投げ釣りの常連たち。釣れても、釣れなくても毎週のように集まっては、おしゃべりするのが楽しいようだ。石狩名物のシャコも上がっているのをみていないが、昨季は6月中旬には釣れだしたので、そろそろ期待できそうだ。チカは昨季はやはり下旬から良くなって、10〜15aが7月いっぱい釣れていた。8月にはサバが入って来た。今季はどうか。
 参考情報としては、マメイカ狙いの釣り人で混雑するのを嫌がって、知り合いの常連の1人は6月13日(土)に小樽港のフェリーふ頭周辺に出張し、30〜40aのホッケを5匹釣ったという。仕掛けはカゴ付きのウィリーサビキ5号。朝早くからサオを出した釣り人は、15匹ほど釣っていたそう。また、浜益の毘砂別に行った常連は、ルアーで今季初のヒラメをゲットしたという。型は36aで今ひとつだが、何回も通っての釣果なのでうれしさもひとしおだろう。
 
<石狩湾新港で釣りをする時に特に注意しなければならないこと>
 日曜日は、東ふ頭の「砂揚場」は、ゲートが閉まっていることが多く、ゲート付近での路駐になる。平日は港内の作業でゲートが開いていても、車は入っていけなくなったようだ。通路にバリケードが置かれ、釣り場の岸壁近くへの侵入はできなくなっている。中に入ると警察が取り締まることもある。車が転落して、高齢女性が死亡する事故も起きている。南側の道路の歩道などに駐車して、中に入った釣り人が、駐車違反で取り締まられたともいう。このほかゲートが設けられている場所は何ヵ所もあるので、ゲート前の路駐はもちろん、他の場所についても各種作業の邪魔をしないよう心がけてほしい。 花畔ふ頭と、樽川ふ頭の中間部の砂浜に接する崖上道路は、大型車両が頻繁に通る。崖上は私有地で立ち入り禁止である。道路沿いの空きスペースに車を止めて釣りをする人がいる。道路にはみ出して止めて、警察が取り締まりにくることがある。岸壁近くに車を止めるときは、海に向かって、車の前方や後方を向けず、なるべく離して平行に止めること。高齢者ドライバーなどによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによって海に転落するケースもあるとされる。もちろんゴミは放置せず、必ず持ち帰ってほしい。
<北海道釣り概況>積丹沖にブリ到来! (2020.6.12)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!

<全道概況>
◇◆◇ 道内の釣り自粛要請は、まだ一部の港や海岸などで継続中だ。観光シーズンを迎え、地域経済への影響が心配される中、マスコミ等で来訪を呼びかける動きも目立ってきた。釣りは地域振興、観光振興に関係する側面もあるだけに、徐々に歩調を合わせて、自粛解除に向かってほしいものだ。
 道央、道南日本海、噴火湾沿岸の港や海岸はヒラメの季節を迎えている。人気ポイントには、多くのルアーマンが訪れているようだ。ヒラメは小樽沖、積丹沖、瀬棚沖などの船釣りでも好調だ。積丹沖にはブリがやってきた。はしりの時期は型が大きいのが魅力だ。マイカも間もなく釣れだすだろう。いよいよ夏の海という趣だ。◆◇◆

※情報には、現在釣れている魚種だけでなく、今後の予想も含まれます。立ち入り禁止等、釣り場の状況が変わる場合もあります。釣り場での事故、トラブルに等ついては自己責任となります。安全にはくれぐれも注意してください。

※<海域の範囲>日本海は宗谷岬(稚内市)〜恵山岬(函館市)、太平洋は恵山岬(函館市)〜納沙布岬(根室市)、オホーツク海は納沙布岬(根室市)〜宗谷岬(稚内市)。噴火湾は砂崎(森町)〜チキウ岬(室蘭市)。積丹半島は余市町〜岩内町。

※釣り場の様子に詳しい釣具店に足を運んで、買い物がでら釣り情報を仕入れるのが釣果アップの近道!

◎港、海岸の釣り
※日本海の積丹方面では釣り自粛要請中の場所があるので注意。太平洋は十勝〜釧路方面でコマイが良いようだ。オホーツク海沿岸は、クロガシラ、マガレイなどのカレイが良い季節。
 
(チカ)
道央日本海…石狩湾新港、小樽港
道北日本海…
道南太平洋…尾札部漁港、川汲漁港、大船漁港、安浦漁港、函館港
道央太平洋…苫小牧西港
道東太平洋…
オホーツク海…根室港、標津漁港、紋別港

(イワシ・サバ)
函館港、苫小牧西港

(ニシン)
苫小牧西港、釧路東港 稚内港

(マメイカ、ヤリイカ)
石狩湾新港、増毛港、留萌港、羽幌港、苫小牧西港、苫小牧東港、知内・小谷石〜涌元海岸、知内・中の川漁港、木古内・札苅漁港、函館港

(カレイ)
 道南日本海は、江差港、上ノ国・寅ノ沢海岸、松前港でマガレイ、マコガレイ、函館周辺の海岸でのマコガレイなど。
 道北日本海でも増毛、留萌、小平、初山別、稚内にかけての港や海岸で広範囲にマガレイクロガシラなど。太平洋側は噴火湾沿岸の港はマガレイ、スナガレイ、イシガレイに加え、場所によりマツカワも。室蘭港、苫小牧西港はクロガシラ主体。日高沿岸の港や海岸でもクロガシラ、マツカワ。オホーツク海も各地でクロガシラ主体

(アブラコ)
道央、道南日本海、道南太平洋、噴火湾、日高、釧路方面の港や海岸

(カジカ)
日高、釧路沿岸の港や海岸

(ホッケ)小樽港、岩内港、熊石漁港、元和漁港、乙部漁港、江差港、松前港、吉岡漁港、函館港など

(ソイ・ガヤ)日本海沿岸、噴火湾、道南、道央の太平洋沿岸などの港や磯。夜釣りが中心

(サクラマス)日本海北部は、浜益、増毛、小平・大椴、初山別、稚内にかけての河口周辺の海岸など。日本海南部は島牧、瀬棚、熊石にかけての河口周辺の海岸。日本海側は終盤。太平洋は、黒岩漁港、長万部漁港などの噴火湾、苫小牧・勇払海岸、音別海岸、茶路川河口海岸など

(ヒラメ)日本海一帯の海岸や港、噴火湾八雲、長万部海岸

(コマイ)日高、十勝、釧路方面にかけての港や海岸


◎船釣り
※ほぼ全道で楽しめる時期。船上では密≠避けて、コロナ感染防止対策を。

(石狩・小樽沖)ヒラメ、カレイ、ソイ・ガヤ、
※カレイはマガレイ主体に6月末ごろまで。ヒラメ好調。

(積丹沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ホッケ、ソイ
※ヒラメ好調。

(せたな沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ソイ
※ヒラメ好調。 
 
(奥尻沖)ソイ、ウスメバル、マイカ
※マイカは今季好調のよう。

(函館・津軽海峡沖)ヒラメ、ウスメバル、ホッケ、沖五目
※ヒラメ開幕。

(噴火湾沖)ヒラメ、ソウハチ
※ヒラメは型が良い。

(胆振沖=室蘭、苫小牧沖など)マガレイ、ソウハチ、ソイ
※ソイは出産期。マガレイはソウハチ多く、苦戦。

(日高沖=静内沖など)ソウハチ、ボートロック、浅場五目(ソイ、ガヤなど)、沖五目(ヤナギノマイ、マダラなど)、キンキ
※ソウハチは数釣りも。ヤナギノマイとのセット釣りも。
 
(十勝・釧路沖)ソウハチ、沖五目(マダラなど)

(オホーツク海)マガレイ、クロガシラのカレイ、アオゾイ、ホッケなどの沖五目
※カレイ、沖五目とも好調

(留萌沖)ヒラメ、沖五目
※ヒラメ好調。

◎地元鮮魚店の魚種(6月7日)…トキシラズ(4300円〜)、サクラマス、クロソイ、ヒラメ、アンコウ、ブリ(浜益産8`4100円)、ワラサ、イトウ(天塩産5`級2800円)、ホッケ、クロソイ、ヤナギノマイ、アオゾイ、ニシン(礼文産)、マガレイ、ソウハチ、スナガレイ、クロガシラ、カワガレイ、カワガ二(石狩産)、ワタリガニ、コマイ(紋別産)
※トキシラズとサクラマスは大樹産。ブリはやせていた。イトウが珍しかった。天然物?カワガ二は石狩川産?小型のモクズガニ?

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下石狩湾新港から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報提供釣具店など。

【札幌近郊】
■石狩湾新港 ★マメイカ ★カレイ
6/8付の石狩釣り速報を参照ください。マメイカ狙いの釣り人が多い。日中の状況はぱっとしないようだ。お隣の小樽港が今季マメイカが釣れていないために、余計釣り人が集中しているという話もある。

【道央・道南】
■瀬棚〜江差海岸 ★ヒラメ ★ホッケ ★カレイ ★ガヤ ★ソイ
※熊石海岸ではホッケがまだ上がっている。時折カレイ、ヒラメなども上がっている。

(6月11日提供)ヒラメは瀬棚新港、鷹ノ巣岬、美谷海岸などで朝、夕に狙える。ワ型は40a前後が主体。早いうちはは型が良かったが、やや小ぶりになった。ワームや、ジグの28〜35cで。投げ釣りはマガレイが、瀬棚新港、鷹ノ巣岬、吹込漁港などで。吹込漁港では10匹前後上がることも。ホッケは終わっている。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月8日提供)ホッケは江差港、乙部、元和漁港などで30a前後10〜20匹。ウキ釣りでエサはオキアミなど。コマセ用のアミも必要。カレイは江差・椴川海岸、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が1〜5匹。元和漁港ではマガレイが上がっていた。ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜1匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
 
(6月3日提供)ヒラメは瀬棚新港付近で朝3〜7時、夜は6〜10時ぐらいが狙い目。ワームで2、3匹という人はけっこういる。多い人は5、6匹も。型は40a以上。ホッケは小型がたまに上がる程度。サクラマスは終わりだろう。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月1日提供)ホッケは江差港、乙部、元和漁港などで30a前後10〜20匹。ウキ釣りでエサはオキアミなど。コマセ用のアミも必要。カレイは江差港、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が1〜5匹、ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜3匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■奥尻島 ★クロガシラ ★ヒラメ
(6月4日提供)青苗漁港外防波堤先端部で、クロガシラは40a級含め0〜3匹。ヒラメも夕方に、先端付近で40a前後が2人で1匹ずつ釣っていた。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■松前〜函館海岸 ★カレイ ★ホッケ ★ハゼ ★アブラコ ★ヤリイカ
※ホッケは終了か。

(6月8日提供)カレイは松前港、当別漁港、七重浜海岸で30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。ハゼは福島、吉岡漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月1日提供)カレイは松前港、当別漁港、七重浜海岸で30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。ホッケは松前港、吉岡漁港で、投げ釣りで30a前後が3〜5匹。ハゼは福島、吉岡漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。涌元海岸では48aも上がっている。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館港とその周辺 ★カレイ ★イワシ ★サバ ★アブラコ ★ホッケ ★ヤリイカ、★マメイカ ★ウミタナゴ ★チカ
※函館港内はイワシ、サバの回遊に当たれば釣れるが、先週は少なくチカやタナゴが釣れていた。大森浜海岸ではマコガレイにババガレイが早朝に上がっている。

(6月1日提供)カレイは大森浜海岸で、30〜40a前後が3〜7匹。ババガレイも上がる。イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、北ふ頭などで20a前後が3〜10匹。回遊次第。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。緑の島では52aが上がった。ホッケも交じる。ヤリイカは中央ふ頭、若松ふ頭で20〜40a前後が3〜5匹。マメイカも交じる。ウミタナゴは万代、中央ふ頭などで20a前後が10〜20匹。チカも交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
 
(6月1日提供)カレイは大森浜海岸で、30〜40a前後が3〜7匹。60aのババガレイも上がった。イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、中央ふ頭などで20a前後が50〜100匹。サバは40aオーバーも上がる。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。緑の島では52aが上がった。ホッケは港内一帯で20〜40aが10〜20匹前後。ウミタナゴは万代、中央ふ頭などで20a前後が10〜30匹。スピード仕掛けにオキアミのエサで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館〜戸井〜恵山海岸 ★ソイ ★ガヤ ★カレイ
※先週とほぼ同様。

(6月8日提供)ソイ、ガヤは日浦、恵山海岸で30a前後が5〜10匹。ブラクリや探り釣りで。カレイは日浦、汐首海岸で30〜40a前後2〜3匹。時折大型のマコガレイも上がる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■椴法華〜森海岸 ★アブラコ ★ソイ ★ガヤ ★カレイ ★チカ
※先週とほぼ同様。

(6月8日提供)アブラコは椴法華、古部海岸などで30〜40a前後が2、3匹。ソイ、ガヤは椴法華、森港、砂原漁港などで20〜30aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。カレイは森、尾白内海岸でスナガレイ、イシガレイの20〜30aが5〜10匹。チカは安浦漁港で15〜20aが10〜50匹。大小交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■森〜長万部海岸 ★カレイ ★ソイ ★ガヤ ★アブラコ ★ヒラメ
※八雲、長万部海岸ではヒラメが見えている。

(6月8日提供)カレイは国縫、黒岩、東野漁港で25〜30a前後が10〜30匹。東野漁港ではクロガシラが上がる。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498

(6月1日提供)カレイは国縫、黒岩漁港でスナガレイ主体に25〜30a前後が10〜30匹。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■錦岡海岸 ★カレイ
(6月3日提供)カレイは20a級主体に投げ釣りで10匹ぐらいは固いようだ。イシガレイがメインでマガレイなども。そんなに投げなくてもよいようだ。ファミリーで楽しめそう。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606
■苫小牧西港 ★クロガシラ ★マメイカ ★ヤリイカ、★チカ ★マイワシ 
(6月11日提供)漁港区でチカが釣れだした。10〜12aが30〜150匹。ワカサギ仕掛けの小さめの針に、スピードエサ付け器で。勇払ふ頭のマメイカは一時途切れていたが、再び釣れだし、20a前後のヤリイカも交じるようになった。エギで多い人は30匹ほどだが、1、2匹という人が多い。日中も釣れるが朝方3時ごろが良いようだ。マイワシは一時釣れたが、イルカが入っていなくなった。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月11日提供)6月11日、クロガシラ大型4匹、中小型10匹ほど。中型アブラコ2匹。大型アブラコも掛かったがばらした。勇払ふ頭でマメイカが釣れているようだ。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

(6月3日提供)クロガシラは手のひら級主体に0〜5匹。マメイカは勇払ふ頭で朝方に良くて5〜6匹。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月2日提供)5月31日、クロガシラは大型が6匹、中小が10匹、中型アブラコ3匹。クロガシラはもう子持ちではない。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

【道東・道北】
■大津海岸 ★コマイ
(6月11日提供)大型のコマイが釣れているようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■茶路川河口海岸 ★サクラマス
(6月11日提供)サクラマスが釣れだし、全体で0〜10匹。型は40〜60a超え。音別川河口海岸は情報がない。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■大楽毛海岸 ★コマイ ★カレイ
(6月11日提供)コマイは朝夕に、5〜20匹。カレイはカワガレイ主体に5匹前後。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■釧路港 ★サクラマス ★ニシン
(6月3日提供)西港の西防波堤は工事で立ち入り禁止となったため、シーズンのサクラマスは狙えない。茶路川河口などの海岸に期待したい。東港のニシンは数が落ちてきて、型も20a級が多くなったようだ。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■千代ノ浦漁港 ★コマイ
(6月11日提供)コマイは夜から朝にかけてがよく、小中型が30匹〜3桁も。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573

(6月3日提供)コマイは先週から好調で、3桁という人もいるようだ。日中でも釣れるという。ファミリーで楽しめる。型は不明。
つり具の釣人 釧路
0154・51・9573
■網走港 ★クロガシラ
(6月3日提供)第1〜3ふ頭でクロガシラの35〜40aが5匹前後。もっと釣れるようだが、地元の人は5匹も釣るとやめてしまうようだ。コロナの影響で釣り人も少ないので狙い目だ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856
■能取湖 ★サクラマス ★カレイ
(6月3日提供)サクラマスは湖口で狙っているが、20人ぐらいいて、1匹という感じらしい。もう終わりかもしれない。カレイも狙っているがぱっとしないようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

<船釣り情報

以下石狩沖から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報協力遊漁船。
※記事中の「船中」は船釣り用語で「全体」の意味

【札幌近郊】
■石狩、小樽沖 ★カレイ ★ヒラメ 
<推奨船>
小樽港…遊漁船シェイク 吉野船長 080・5598・4819 カレイ、ヒラメ、ソイ、ガヤなど
小樽港…金龍丸 金谷船長 0134・54・2004 カレイ、ヒラメ、五目など

(6月10日提供)6月10日、サオ頭は最大60a含め4匹、船中7匹のみ。6月8日最大70a、最多3匹3名、全体で14匹。6月7日、最大50a、最多3匹2名、全体で10匹。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

(6月7日提供)6月7日、水深25〜30bで、マガレイは18〜35aが15〜25匹。ソウハチは24〜33aが24〜33aが10〜20匹。カナガシラは31〜34aが全体で25匹。今季はカナガシラ、ソウハチ、ミズクサガレイが目立つ。カレイは6日もやや不調だった。カレイの食いが悪いのは、今季小樽近郊でコウナゴが例年になく豊漁となるなど、エサが豊富なためと思われる。
金龍丸 小樽港 金谷
0134・54・2004 

(6月5日提供)6月5日、ヒラメは全体8匹、最多3匹、最大53a。風ももなくて船が流れず苦戦した。午後からの、初心者向け、手ぶらヒラメ釣り体験も。所要時間は3時間半程度。手ぶらは1名9000円。道具ありは6000円。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

(5月31日提供)5月31日、水深27〜28bでマガレイは28〜40aが50〜60匹。ソウハチは26〜35aが10〜20匹。カナガシラは30〜36aが全体で20匹。今のところ良型マガレイ主体で釣れているので、今後もしばらく楽しめそう。
金龍丸 小樽港 金谷
0134・54・2004 

【道央・道南】
■積丹沖(美国、幌武意、余別方面など) ★ヒラメ ★沖五目 ★ソイ ★ホッケ   
※ブリが見えてきた。はしりは例年型が良い。10`級も期待。
<推奨船>
美国漁港…征海丸 宮原船長 090・5434・1810 ソイ五目、ブリなど
日司漁港…明見丸 加納船長 090・2076・7112 沖五目、ヒラメなど
余別漁港…龍祥丸 飯田船長 090・6999・1132 沖五目、ヒラメなど

(6月10日提供)ソイ類は午後便のスーパーライトジギング(SLJ)で33〜52aが0〜6匹。6割がシマゾイ、クロゾイ3割、マゾイ1割。良型が多くなってきた。6月8日、午前のブリジギングで9.5`1匹。他にホッケ。ブリは朝一でヒット。6日には、ブリ狙いのジグに69aのヒラメが来た。
征海丸 美国港 宮原
090・5434・1810

(6月9日提供)6月9日、ヒラメはサルワンの水深18b前後で、全体で30匹。61〜65aが5匹、その他は40〜56a。バケは500c。
龍祥丸 余別港 飯田
0135・46・5328

(6月8日提供)神威岬沖の水深130bで、ヤナギノマイは全員が25〜35aを100匹超え。ホッケは30〜40aが1人20匹前後。
明見丸 日司港 加納
090・2076・7112

(6月4日提供)6月4日、神威岬沖の水深120〜130bで、ヤナギノマイ25〜30a以上が60〜70匹、ホッケは30〜40aが30〜40匹、マダラは40〜70aが3、4匹。胴突き仕掛けに赤イカエサで。
明見丸 日司港 加納
090・2076・7112
■須築〜瀬棚沖 ★ソイ ★マダラ ★ヤナギノマイ ★ヒラメ
※ヒラメは瀬棚沖の開幕が早く、須築沖は遅い。瀬棚沖では良型が釣れている。須築沖も開幕し好調。マダラ、ヤナギノマイなどの沖五目も好調。
<推奨船>
須築漁港…八重丸 山中船長 090・5959・6933 主に須築沖でヒラメ、ソイ、沖五目

(6月11日提供)6月7日が須築沖でのヒラメは今季初釣り。その後10日まで連日出港し、好調だった。7日は、69a頭に60a級を3匹という人もいた。60a超えは全体で12、13匹、40a台は少なく、50a超えがほとんどだった。北風がやや強く、5時に出港して9時前に早上がりしたが、それでも全体で25匹ほど釣れた。8日は船長1人で出港し、60a超えが3匹、40a台が2匹、他は50a超えで、合計13匹だった。9日は50a超えをダブルで2回上げた人がいて、1人で17、18匹釣ったようだ。全体では40〜50匹上がっていた。10日は4時半出港で9時に上がった。60a級が1、2匹で他はやや型が小さかった。この日はソイも交じり、25〜40a弱りマゾイがを5、6匹釣った人もいた。今後も期待したい。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933

(6月3日提供)5月26日、シマゾイ、マゾイの25〜50a弱を多い人は20匹。ヒラメも狙ったがまだ釣れなかった。須築沖ではこれからだ。玉ジャリなどの根際狙いなのでソイもくる。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933
■奥尻沖 ★マイカ ★ソイ ★ウスメバル 
※奥尻沖の釣りは青苗港に遊漁船が1隻ある。マイボートで釣っている人が多く、漁組の準組合員として釣った魚を出荷している船もある。奥尻は日本海の沖釣りの前線基地として存在価値がある。青苗の木元釣具(01397・3・2472)は、奥尻の釣りの重要拠点として知られる。

(6月4日提供)室津島周辺でクロソイは、水深20bで40〜50aが10〜50匹。エサはオオナゴ。ウスメバルは同じく室津島周辺の水深50bで15〜20aが20〜50匹。マイカは青苗〜松江沖で胴長10〜13a好調の20〜50匹、専業漁師は100匹も。朝、昼など時間帯は一定せず。今のところ今季は釣果が良いようだ。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■苫小牧沖 ★カレイ ★ソイ五目 ★トキシラズ ★アオマス
※ソウハチいなくなる?
<推奨船>
苫小牧西港…征海丸 川田船長 090・9525・3700 カレイ、ソイ五目など

(6月11日提供)6月7日、苫小牧東港沖の水深17〜22bでソウハチは25〜35aが20〜80匹。水温11.6℃。釣果は前日も良くなかったので、出港を見合わせている。11日にマリーナから出た船も、まったくだめだったという。一気にいなくなったようだ。ソウハチがいなくなれば、マガレイが釣れそうなものだが、それもだめで、切れるのが早い。異変という感じだ。今季のマガレイはオスがあまり入ってこなかったためか。カレイ釣りのサビキには35aほどのサバが掛かってくるが、やせていておいしくないという。なぎを見て、マス&青マス(カラフトマス)、トキシラズに挑戦します、時期的にそろそろか。ソイなどの五目釣りも予定。日程は、まだ決めていない。希望者は問い合わせを。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700

(6月3日提供)6月1日、苫小牧東港の沖合水深18〜21bでソウハチ30〜47aが50〜250匹。マガレイは25〜35aが全体で10匹。水温11.5〜13℃。なぎ。マガレイは良い人手3、4匹。とにかくソウハチが多くて、マガレイが食う前にかかってしまう。ソウハチサビキは針3、4本で十分だ。マガレイ仕掛けを使ってもソウハチが来るし、底にはわせると小さいカジカもうるさくなる。船によってはサクラマスを狙っている船もあり釣れているよう。時期的にトキシラズも狙ってみたいところだ。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700
■静内沖 ★ソウハチ ★ヤナギノマイ ★キンキ
※ソウハチ好調。キンキも狙い目。
<推奨船>
静内漁港…静漁丸 静谷船長 090・8904・8501 ソウハチ、ヤナギノマイなどの沖五目、キンキ

(6月11日提供)6月10日、ソウハチとヤナギノマイのセット釣りで出港。ソウハチは水深120bで40a級主体に1人100匹ほど。ヤナギノマイは同じ水深、同じ仕掛けで20〜30匹。6月13日にキンキで出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

(6月3日提供)6月2日、ソウハチ狙いで30〜40aが100〜150匹。水深は40〜50b。6月1日は、ソウハチとヤナギノマイのセット釣り。ソウハチは2日と同数。ヤナギノマイは水深110bで10〜20匹と少し少なめだった。今後は水深200〜300bでのキンキも出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

【道東・道北】
※日本海は留萌沖でヒラメ、沖五目。太平洋は十勝・大津沖で沖五目、トキシラズ。白糠、釧路沖はソウハチ、沖五目。オホーツク海は、ウトロ、網走、常呂、紋別沖などで、カレイ、沖五目。

■常呂沖 ★カレイ ★沖五目
<推奨船>
常呂漁港…幌岩丸 皆川船長 090・5223・3614 カレイ、マダラ、アオゾイなどの沖五目
マメイカは超たまぽつ!?チカもいないわけではない (石狩湾新港釣り速報) (2020.6.8)
■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★カレイ 
 6月7日(日)14時過ぎの天候はくもりで晴れ間ものぞいていた。気温は低めで北西風がやや強かった。東ふ頭の漁協前岸壁には、けっこう釣り人がいたが、みなひまを持て余している状態で、ベテラン風の年配の男性は、「最近は全然だめだ」とぼやいていた。東ふ頭のゲート内には、先週同様、エギによるマメイカ狙いの釣り人が多かった。11時頃から釣り始めたという親子は、「2人でマメイカが5匹」と話していた。マメイカは瓶に入れて、沖漬けにしていた。マメイカはほとんどベタ底で、エギを底に沈めて、もぞもぞ動かしていると重くなるという釣り方という。エギを替えると来るとのことで、いろいろなエギを使っていた。大勢の釣り人に攻められ、すれているのだろう。
 ここでは、顔見知りの夫婦と久しぶりに再開した。コロナの影響で、今シーズンは1カ月、釣りを始めるのが遅れ、「今日が初釣り」と話していた。マメイカは狙わず、小型のクロガシラを5匹ほどと、12aほどのチカを2匹釣ったという。チカはいないわけではないというレベルだ。
 花畔ふ頭の船だまりでもサオを出していたが、釣れていないようだった。階段状護岸は向かい風なので、ゴミが吹き寄せられていて、釣り人は少なかった。
 樽川ふ頭の駐車スペース前岸壁では、マメイカが釣れていた。常連のスカリには5匹ほど入っていた。樽川ふ頭の砂揚げ場も、ほとんどがマメイカ狙いだった。イカバリを5つほど連結して、チカなどのエサを付けて釣っている人が、釣り上げるのを見た。しかし、ペースは超たまポツという感じだった。
 
<石狩湾新港で釣りをする時に特に注意しなければならないこと>
 日曜日は、東ふ頭の「砂揚場」は、ゲートが閉まっていることが多く、ゲート付近での路駐になる。平日は港内の作業でゲートが開いていても、車は入っていけなくなったようだ。通路にバリケードが置かれ、釣り場の岸壁近くへの侵入はできなくなっている。中に入ると警察が取り締まることもある。車が転落して、高齢女性が死亡する事故も起きている。南側の道路の歩道などに駐車して、中に入った釣り人が、駐車違反で取り締まられたともいう。このほかゲートが設けられている場所は何ヵ所もあるので、ゲート前の路駐はもちろん、他の場所についても各種作業の邪魔をしないよう心がけてほしい。 花畔ふ頭と、樽川ふ頭の中間部の砂浜に接する崖上道路は、大型車両が頻繁に通る。崖上は私有地で立ち入り禁止である。道路沿いの空きスペースに車を止めて釣りをする人がいる。道路にはみ出して止めて、警察が取り締まりにくることがある。岸壁近くに車を止めるときは、海に向かって、車の前方や後方を向けず、なるべく離して平行に止めること。高齢者ドライバーなどによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによって海に転落するケースもあるとされる。もちろんゴミは放置せず、必ず持ち帰ってほしい。
<北海道釣り概況>日本海、噴火湾ヒラメ盛期入り (2020.6.5)
釣り人も新型コロナウィルス感染対策を!
釣り場、釣り船でも至近距離での接触は避けましょう!


<全道概況>
◇◆◇ 道内の沿岸部における釣り自粛、来訪自粛要請は、港や海岸などを指定するものから、町村全域を対象とするものまで、一時は約30ヵ所に上ったが、5月の末頃から6月にかけて、徐々に解除されるようになった。しかし、積丹町(港と海岸)など、とくに札幌から近い道央、道南の日本海側では、まだ継続しているところもあるので、注意が必要だ。
 コロナの釣り界への影響については、学校が休みになったりしたためか、釣具店には「売り上げが前年より良かった」という声もあった。その反面、釣り船は「お客さんが減った」というところが多いようだ。間隔をあけるために客数を減らすなどしたり、「積極的にお客を呼ばなかった」という船もあった。
 道央、道南日本海の海岸や港ではホッケ、サクラマスが終盤。カレイはマガレイ主体にまだそこそこ釣れている。期待できるのは、ヒラメでショア、オフショアともに釣れている。奥尻沖には、マイカが来遊し、「今季は今のところ良さそう」との声も。群れが北上して積丹沖で釣れだすのも近いだろう。
 太平洋側は、胆振、日高、釧路沖でソウハチが釣れている。オホーツク海は網走沖などで、アオゾイ、ホッケなどの沖五目、カレイが好調だが、「釣り客はさっぱり来ない」とか。これもコロナの影響だろう。◆◇◆

※情報には、現在釣れている魚種だけでなく、今後の予想も含まれます。立ち入り禁止等、釣り場の状況が変わる場合もあります。釣り場での事故、トラブルに等ついては自己責任となります。安全にはくれぐれも注意してください。

※<海域の範囲>日本海は宗谷岬(稚内市)〜恵山岬(函館市)、太平洋は恵山岬(函館市)〜納沙布岬(根室市)、オホーツク海は納沙布岬(根室市)〜宗谷岬(稚内市)。噴火湾は砂崎(森町)〜チキウ岬(室蘭市)。積丹半島は余市町〜岩内町。

※釣り場の様子に詳しい釣具店に足を運んで、買い物がでら釣り情報を仕入れるのが釣果アップの近道!

◎港、海岸の釣り
※日本海の積丹方面では釣り自粛要請中の場所があるので注意。太平洋は十勝〜釧路方面でコマイが良いようだ。オホーツク海沿岸は、クロガシラ、マガレイなどのカレイが良い季節。
 
(チカ)
道央日本海…石狩湾新港、小樽港
道北日本海…
道南太平洋…尾札部漁港、川汲漁港、大船漁港、安浦漁港
道央太平洋…
道東太平洋…
オホーツク海…根室港、標津漁港、紋別港

(イワシ・サバ)
函館港

(ニシン)
苫小牧西港、釧路東港

(マメイカ、ヤリイカ)
石狩湾新港、苫小牧西港、苫小牧東港、知内・小谷石〜涌元海岸、知内・中の川漁港、木古内・札苅漁港

(カレイ)
 道南日本海は、江差港、上ノ国・寅ノ沢海岸、松前港でマガレイ、マコガレイ、函館周辺の海岸でのマコガレイなど。
 道北日本海でも増毛、留萌、小平、初山別、稚内にかけての港や海岸で広範囲にマガレイクロガシラなど。太平洋側は噴火湾沿岸の港はマガレイ、スナガレイ、イシガレイに加え、場所によりマツカワも。室蘭港、苫小牧西港はクロガシラ主体。日高沿岸の港や海岸でもクロガシラ、マツカワ。オホーツク海も各地でクロガシラ主体

(アブラコ)
道央、道南日本海、道南太平洋、噴火湾、日高、釧路方面の港や海岸

(カジカ)
日高、釧路沿岸の港や海岸

(ホッケ)岩内港、熊石漁港、元和漁港、乙部漁港、江差港、松前港、吉岡漁港、函館港など

(ソイ・ガヤ)日本海沿岸、噴火湾、道南、道央の太平洋沿岸などの港や磯。夜釣りが中心

(サクラマス)日本海北部は、浜益、増毛、小平・大椴、初山別、稚内にかけての河口周辺の海岸など。日本海南部は島牧、瀬棚、熊石にかけての河口周辺の海岸。太平洋は、黒岩漁港、長万部漁港などの噴火湾、苫小牧・勇払海岸、音別海岸、茶路川河口海岸など

(コマイ)日高、十勝、釧路方面にかけての港や海岸


◎船釣り
※ほぼ全道で楽しめる時期。船上では密≠避けて、コロナ感染防止対策を。

(石狩・小樽沖)ヒラメ、カレイ、ソイ・ガヤ、
※カレイはマガレイ主体に6月末ごろまで。ヒラメ好調。

(積丹沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ホッケ、ソイ
※ヒラメ好調。

(せたな沖)ヒラメ、沖五目(マダラなど)、ソイ
※ヒラメ好調。 
 
(奥尻沖)ソイ、ウスメバル、マイカ
※マイカは今季好調のよう。

(函館・津軽海峡沖)ヒラメ、ウスメバル、ホッケ、沖五目
※ヒラメ開幕。

(噴火湾沖)ヒラメ、ソウハチ
※ヒラメは型が良い。

(胆振沖=室蘭、苫小牧沖など)マガレイ、ソウハチ、ソイ
※ソイは出産期。マガレイはソウハチ多く、苦戦。

(日高沖=静内沖など)ソウハチ、ボートロック、浅場五目(ソイ、ガヤなど)、沖五目(ヤナギノマイ、マダラなど)、キンキ
※ソウハチは数釣りも。ヤナギノマイとのセット釣りも。
 
(十勝・釧路沖)ソウハチ、沖五目(マダラなど)

(オホーツク海)マガレイ、クロガシラのカレイ、アオゾイ、ホッケなどの沖五目
※カレイ、沖五目とも好調

(留萌沖)ヒラメ、沖五目
※ヒラメ好調。

◎地元鮮魚店の魚種(5月31日)…トキシラズ(日高沖4300円〜)、サクラマス(浦河産など)、クロソイ、ヒラメ、アオゾイ、ヤナギノマイ、カジカ、アンコウ、ニシン、ホッケ、ハッカク、コマイ、マガレイ、クロガレイ、スナガレイ、カワガレイ、マダラ、ワタリガニ、
※トキシラズの季節。クロソイが多かった。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

以下石狩湾新港から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報提供釣具店など。

【札幌近郊】
■石狩湾新港 ★マメイカ ★カレイ
6/2付けの石狩釣り速報を参照ください。マメイカ狙いの釣り人が多い。今季は比較的好調のようだ。

【道央・道南】
■瀬棚〜江差海岸 ★ヒラメ ★ホッケ ★サクラマス ★カレイ ★ガヤ ★ソイ 
(6月3日提供)ヒラメは瀬棚新港付近で朝3〜7時、夜は6〜10時ぐらいが狙い目。ワームで2、3匹という人はけっこういる。多い人は5、6匹も。型は40a以上。ホッケは小型がたまに上がる程度。サクラマスは終わりだろう。
ゑびすや釣具 せたな
0137・87・3109

(6月1日提供)ホッケは江差港、乙部、元和漁港などで30a前後10〜20匹。ウキ釣りでエサはオキアミなど。コマセ用のアミも必要。カレイは江差港、上ノ国・寅ノ沢海岸などで30〜40a前後が1〜5匹、ガヤ、ソイは熊石、乙部、久遠海岸などで30〜35aが5〜10匹。ヒラメは熊石、乙部海岸などで40〜50aが0〜3匹。ルアーで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■奥尻島 ★クロガシラ ★ヒラメ
(6月4日提供)青苗漁港外防波堤先端部で、クロガシラは40a級含め0〜3匹。ヒラメも夕方に、先端付近で40a前後が2人で1匹ずつ釣っていた。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■松前〜函館海岸 ★カレイ ★ホッケ ★ハゼ ★アブラコ ★ヤリイカ
(6月1日提供)カレイは松前港、当別漁港、七重浜海岸で30〜40a前後が5〜10匹。マコガレイが好調。ホッケは松前港、吉岡漁港で、投げ釣りで30a前後が3〜5匹。ハゼは福島、吉岡漁港で20a前後が10〜20匹。アブラコは小谷石〜涌元海岸で40〜50a前後が2〜3匹。ヤリイカは小谷石〜涌元海岸で胴長20a前後が10〜20匹。涌元海岸では48aも上がっている。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館港とその周辺 ★カレイ ★イワシ ★サバ ★アブラコ ★ホッケ ★ウミタナゴ 
(6月1日提供)カレイは大森浜海岸で、30〜40a前後が3〜7匹。60aのババガレイも上がった。イワシ、サバは函館港の海岸町船だまり、中央ふ頭などで20a前後が50〜100匹。サバは40aオーバーも上がる。アブラコは万代ふ頭、緑の島、海岸町船だまりなどで40a前後が2〜3匹。緑の島では52aが上がった。ホッケは港内一帯で20〜40aが10〜20匹前後。ウミタナゴは万代、中央ふ頭などで20a前後が10〜30匹。スピード仕掛けにオキアミのエサで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■函館〜戸井〜恵山海岸 ★ソイ ★ガヤ ★カレイ 
(6月1日提供)ソイ、ガヤは日浦、恵山海岸で30a前後が5〜10匹。ブラクリや探り釣りで。カレイは日浦、汐首海岸で30〜40a前後2〜3匹。時折大型のマコガレイも上がる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■椴法華〜森海岸 ★アブラコ ★ソイ ★ガヤ ★カレイ ★チカ
(6月1日提供)アブラコは椴法華、古部海岸などで30〜40a前後が2、3匹。ソイ、ガヤは椴法華、森港、砂原漁港などで20〜30aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。カレイは森、尾白内海岸でスナガレイ、イシガレイの20〜30aが5〜10匹。チカは安浦漁港で15〜20aが10〜50匹。大小交じる。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■森〜長万部海岸 ★カレイ ★ソイ ★ガヤ ★アブラコ
(6月1日提供)カレイは国縫、落部漁港でスナガレイ主体に25〜30a前後が10〜30匹。ソイ、ガヤは森、蛯谷、落部漁港などで20〜25aが10〜20匹。ブラクリ、ワームなどで。アブラコは森港、鷲ノ木漁港、落部漁港などで40a前後が2〜5匹。ブラクリ、ワームなどで。
矢田釣具店 函館
0138・41・6498
■錦岡海岸 ★カレイ
(6月3日提供)カレイは20a級主体に投げ釣りで10匹ぐらいは固いようだ。イシガレイがメインでマガレイなども。そんなに投げなくてもよいようだ。ファミリーで楽しめそう。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606
■苫小牧西港 ★クロガシラ ★マメイカ 
(6月3日提供)クロガシラは手のひら級主体に0〜5匹。マメイカは勇払ふ頭で朝方に良くて5〜6匹。
エビス釣具 苫小牧
0144・34・3606

(6月2日提供)5月31日、クロガシラは大型が6匹、中小が10匹、中型アブラコ3匹。クロガシラはもう子持ちではない。
釣り友取材班 ※釣り人は苫小牧西港に通い続けているスペシャリストなので、普通の釣り人は、釣れても上記釣果の5分の1程度だろう。

【道東・道北】
■釧路港 ★サクラマス ★ニシン
(6月3日提供)西港の西防波堤は工事で立ち入り禁止となったため、シーズンのサクラマスは狙えない。茶路川河口などの海岸に期待したい。東港のニシンは数が落ちてきて、型も20a級が多くなったようだ。
釣り友取材班

■千代ノ浦漁港 ★コマイ
(6月3日提供)コマイは先週から好調で、3桁という人もいるようだ。日中でも釣れるという。ファミリーで楽しめる。型は不明。
釣り友取材班
■網走港 ★クロガシラ
(6月3日提供)第1〜3ふ頭でクロガシラの35〜40aが5匹前後。もっと釣れるようだが、地元の人は5匹も釣るとやめてしまうようだ。コロナの影響で釣り人も少ないので狙い目だ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856
■能取湖 ★サクラマス ★カレイ
(6月3日提供)サクラマスは湖口で狙っているが、20人ぐらいいて、1匹という感じらしい。もう終わりかもしれない。カレイも狙っているがぱっとしないようだ。
ラッキー商会 網走
0152・43・3856

<船釣り情報>

以下石狩沖から半時計回りで、【札幌近郊】【道央・道南】【道東・道北】の順。
※釣り場は前週と変動あり。魚種は主なもの。情報内容のうち日付のないものは、先週末までの状況が基本。文末は情報協力遊漁船。
※記事中の「船中」は船釣り用語で「全体」の意味

【札幌近郊】
■石狩、小樽沖 ★カレイ ★ヒラメ 
<推奨船>
小樽港…遊漁船シェイク 吉野船長 080・5598・4819 カレイ、ヒラメ、ソイ、ガヤなど
小樽港…金龍丸 金谷船長 0134・54・2004 カレイ、ヒラメ、五目など

(6月5日提供)6月5日、ヒラメは全体8匹、最多3匹、最大53a。風ももなくて船が流れず苦戦した。午後からの、初心者向け、手ぶらヒラメ釣り体験も。所要時間は3時間半程度。手ぶらは1名9000円。道具ありは6000円。
遊漁船シェイク 小樽港 吉野
080・5598・4819

(5月31日提供)5月31日、水深27〜28bでマガレイは28〜40aが50〜60匹。ソウハチは26〜35aが10〜20匹。カナガシラは30〜36aが全体で20匹。今のところ良型マガレイ主体で釣れているので、今後もしばらく楽しめそう。
金龍丸 小樽港 金谷
0134・54・2004 

【道央・道南】
■積丹沖(美国、幌武意、余別方面など) ★ヒラメ ★沖五目 ★ソイ ★ホッケ   
<推奨船>
日司漁港…明見丸 加納船長 090・2076・7112 沖五目、ヒラメなど
余別漁港…龍祥丸 飯田船長 090・6999・1132 沖五目、ヒラメなど

(6月4日提供)6月4日、神威岬沖の水深120〜130bで、ヤナギノマイ25〜30a以上が60〜70匹、ホッケは30〜40aが30〜40匹、マダラは40〜70aが3、4匹。胴突き仕掛けに赤イカエサで。
明見丸 日司港 加納
090・2076・7112
■須築〜瀬棚沖 ★ソイ ★マダラ ★ヒラメ
<推奨船>
須築漁港…八重丸 山中船長 090・5959・6933 主に須築沖でヒラメ、ソイ、沖五目
※ヒラメは瀬棚沖の開幕が早く、須築沖は遅い。瀬棚沖では良型が釣れている。須築沖もそろそろ開幕する。

(6月3日提供)5月26日、シマゾイ、マゾイの25〜50a弱を多い人は20匹。ヒラメも狙ったがまだ釣れなかった。須築沖ではこれからだ。玉ジャリなどの根際狙いなのでソイもくる。
八重丸 須築港 山中
090・5959・6933
■奥尻沖 ★マイカ ★ソイ ★ウスメバル 
※奥尻沖の釣りは青苗港に遊漁船が1隻ある。マイボートで釣っている人が多く、漁組の準組合員として釣った魚を出荷している船もある。奥尻は日本海の沖釣りの前線基地として存在価値がある。青苗の木元釣具(01397・3・2472)は、奥尻の釣りの重要拠点として知られる。

(6月4日提供)室津島周辺でクロソイは、水深20bで40〜50aが10〜50匹。エサはオオナゴ。ウスメバルは同じく室津島周辺の水深50bで15〜20aが20〜50匹。マイカは青苗〜松江沖で胴長10〜13a好調の20〜50匹、専業漁師は100匹も。朝、昼など時間帯は一定せず。今のところ今季は釣果が良いようだ。
木元釣具 奥尻島青苗
01397・3・2472
■苫小牧沖 ★カレイ ★ソイ五目 ★サクラマス
※ソウハチ好調。
<推奨船>
苫小牧西港…征海丸 川田船長 090・9525・3700 カレイ、ソイ五目など

(6月3日提供)6月1日、苫小牧東港の沖合水深18〜21bでソウハチ30〜47aが50〜250匹。マガレイは25〜35aが全体で10匹。水温11.5〜13℃。なぎ。マガレイは良い人手3、4匹。とにかくソウハチが多くて、マガレイが食う前にかかってしまう。ソウハチサビキは針3、4本で十分だ。マガレイ仕掛けを使ってもソウハチが来るし、底にはわせると小さいカジカもうるさくなる。船によってはサクラマスを狙っている船もあり釣れているよう。時期的にトキシラズも狙ってみたいところだ。
征海丸 苫小牧西港 川田
090・9525・3700
■静内沖 ★ソウハチ ★ヤナギノマイ ★キンキ
※ソウハチ好調。キンキも狙い目。
<推奨船>
静内漁港…静漁丸 静谷船長 090・8904・8501 ソウハチ、ヤナギノマイなどの沖五目、キンキ

(6月3日提供)6月2日、ソウハチ狙いで30〜40aが100〜150匹。水深は40〜50b。6月1日は、ソウハチとヤナギノマイのセット釣り。ソウハチは2日と同数。ヤナギノマイは水深110bで10〜20匹と少し少なめだった。今後は水深200〜300bでのキンキも出港予定。
静漁丸 静内漁港 静谷
090・8904・8501

【道東・道北】
※日本海は留萌沖でヒラメ、沖五目。太平洋は十勝・大津沖で沖五目、トキシラズ。白糠、釧路沖はソウハチ、沖五目。オホーツク海は、ウトロ、網走、常呂、紋別沖などで、カレイ、沖五目。

■常呂沖 ★カレイ ★沖五目
<推奨船>
常呂漁港…幌岩丸 皆川船長 090・5223・3614 カレイ、マダラ、アオゾイなどの沖五目

期待できるのはマメイカぐらい!? (石狩湾新港釣り速報) (2020.6.2)

■石狩湾新港 ★マメイカ ★チカ ★カレイ 
 6月1日、釣り自粛要請が解除された。5月31日(日)14時過ぎに様子を見に行った。天候は快晴。気温が高く、北西風かやや強かった。この日までは、まだ釣り自粛要請中だったが、けっこうな人出だった。東ふ頭の漁協前岸壁にあちらこちらに釣り人がいたが、ウグイ以外の魚の姿はほとんど見られなかった。東ふ頭の砂揚げ場(ゲート内)は、エギによるマメイカ狙いの釣り人が中心だった。胴長10aほどのマメイカがぽつぽつ上がっていた。一部の人はスピード仕掛けで12〜15aのチカをぽつぽつ上げていたが、バケツに入っているのは2、3匹だった。
 花畔ふ頭の船だまりや航路側の岸壁、階段状護岸でもサオを出していたが、釣れているのを見かけなかった。樽川ふ頭の駐車スペース前岸壁では、マメイカが釣れていた。常連のスカリには5匹ほど入っていた。樽川ふ頭の砂揚げ場もほとんどがマメイカ狙いのようだった。ここでも、ぽつぽつ上がっていた。前日に夜釣りで、入れ食いだったとの話も聞いた。投げ釣りをしていた人は、ウグイ以外何も釣れなかったという。確立が高いのはマメイカぐらいのようだ。
 
<石狩湾新港で釣りをする時に特に注意しなければならないこと>
 日曜日は、東ふ頭の「砂揚げ場」は、ゲートが閉まっていることが多く、ゲート付近での路駐になる。平日は港内の作業でゲートが開いていても、車は入っていけなくなったようだ。通路にバリケードが置かれ、釣り場の岸壁近くへの侵入はできなくなっている。中に入ると警察が取り締まることもある。車が転落して、高齢女性が死亡する事故も起きている。南側の道路の歩道などに駐車して、中に入った釣り人が、駐車違反で取り締まられたともいう。このほかゲートが設けられている場所は何ヵ所もあるので、ゲート前の路駐はもちろん、他の場所についても各種作業の邪魔をしないよう心がけてほしい。 花畔ふ頭と、樽川ふ頭の中間部の砂浜に接する崖上道路は、大型車両が頻繁に通る。崖上は私有地で立ち入り禁止である。道路沿いの空きスペースに車を止めて釣りをする人がいる。道路にはみ出して止めて、警察が取り締まりにくることがある。岸壁近くに車を止めるときは、海に向かって、車の前方や後方を向けず、なるべく離して平行に止めること。高齢者ドライバーなどによる、アクセルとブレーキの踏み間違いによって海に転落するケースもあるとされる。もちろんゴミは放置せず、必ず持ち帰ってほしい。





 フィッシングパパ
 0134-27-3868
 papa-s@par.odn.ne.jp

 

Copyright tsuritomo2007.allright reserved.